Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Yuki SHIMOMURA

Nationality: Japanese
Course: Shoe Making
Program: Atelier One Year Course
Period: Sep. 2, 2019 - Apr. 24, 2020


9月から靴制作コースに参加しています。靴作り経験は全くのゼロですが、足が小さく良い靴が見つからないことから「無ければ自分で作れる様になれば良い」と、思い切って仕事を辞めやってきました。これから一年間で出来るだけ多くを学びたいと思っています

Oct. 10, 2019 | Posted in Blog, Shoe Making & Shoe Design , | Tags:, | Language:
Reporter: Yuki SHIMOMURA | Course: Shoe Making/Design

Shoe Making vol.1 (Atelier-One-year 2019 – yuki)

前日
授業が始まる前日に、これから3カ月間暮らすフラットへと入居しました。私が暮らすフラットには、寝室が3つと、共同キッチン、バスルームがあり、1部屋に2名ずつ暮らすことになります。同じフラットには私の他に日本人が二人と、シンガポール、タイ人、イギリス人が一人ずつです。残念ながら私のルームメイトは帰国中でまだ会えていませんが、他のフラットメイトとはすぐに打ち解けることが出来ましたました。

簡単な荷解きをした後には、みんなで学校までの道のりを歩いてみることにしました。みんな早く授業が始まることを楽しみにしている様子でした。

Shoe Making blog
ドゥオーモの見える路地でフラットメイトと記念撮影。

Shoe Making blog
学校と同じ建物にバーがあることを発見!

初日
学校に到着すると、早速授業が始まりました。アンジェロ先生による靴の種類や構造の説明の後、作業へと移りました。最初に習う靴は、パンプスです。靴作りは、ラスト(靴型)の外側にテープを貼っていく作業から始まります。テープを貼り終わった後には、靴の履き口などのデザインをテープに書き込み、余分な箇所を切取ります。せっかく貼ったテープですが、型紙を作るためには剥がさなければいけません。途中で破れないように注意しながら、丁寧にラストから剥がし、紙へと貼りなおします。立体から平面にするので、とても難しいのですが、なるべくシワができないように貼り付けなければいけません。

Shoe Making blog
ラスト(靴型)にテープを貼っています。

Shoe Making blog
完成した型紙。

2日目
前日に作った型紙をもとに、丈夫なフェルトの様な記事でサンプル作りをしました。実際に革で作る前に、この様なフェルト記事でサンプルを作ることで、革を無駄にせずに作った型紙が問題がないか確認するそうです。

Shoe Making blog
アンジェロ先生にミシンの使い方を習うクラスメイト。

Shoe Making blog
縫い目がガタガタになってしまいました。もっと練習が必要ですね。

3日目
水曜日の午前中は通常授業がないのですが、この日はクラスメイトと一緒にラストを注文しにラスト工場へ行きました。そこには、選びきれないほど沢山の種類のラストがあったのですが、なんとかみんな自分の好みのものを探し2、3個づつ注文していました。私も自分のサイズの2.5センチヒールと、5.5センチヒールのパンプス用ラストを注文しました。出来上がりが待ちきれません。ラスト工場からの帰り道に、革屋さんへ革も買いにいきました。沢山の色や種類の革がありました。私はその中で、オレンジがかった赤の革と、靴の内側に使うベージュの革を購入しました。

Shoe Making blog
こんなに沢山の種類があるなんて、夢の様でした。

4日目
この日は、前回までに作ったサンプルをアンジェロ先生にチェックしてもらった後に、靴の内側の型紙を作りました。型紙が完成したら、いよいよ実際に革を使った作業へと入りました。だんだん靴らしくなってくると、次の作業に進むのが益々待ち遠しくなりました。

Shoe Making blog
綺麗な色でとっても気に入っていますが、アンジェロ先生曰く使えない部分があるそうです。革選びも勉強しなくてはいけませんね。

Shoe Making blog
どうでしょう?靴らしくなってきました。

金曜日
毎週金曜日は授業はありませんが、毎週「アート ビジット」と言うちょっとした社会見学があります。今回は学校の近くの「Cenacolo di Sant’apollonia」へ行き、フレスコ画などを見学しました。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

◼️9日間の夏休みが終わりました!! 近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日で…
Language:   Reporter: Mariko KATO
Course: Jewelry

Read more

Furniture Making vol.11 (One-year 2019 – Jioh)

Another engraving method. As I have used the handed blades…
Language:   Reporter: Jioh Kang
Course: Furniture Making and Restoration

Read more

Painting Drawing vol.16 (One-year 2019 – Kristin)

Something New This week has been a huge come-down of ener…
Language:   Reporter: Kristin FIORVANTI
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger