Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Tomoko TADAHIRA
Reporter
Tomoko TADAHIRA

Nationality: Japan
Course: Jewelry Making
Program: One-Year Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


日本でジュエリー制作を勉強し、石留という行程の仕事をしていましたが、自分の制作の幅をより一層広げていきたいと思い留学を決意しました。イタリアならではの技法や道具を学び、吸収し、ここにしかない日本とは違った様々なものを見ることによって自分の感性や創作意欲をより高め、自分の作品に生かしていくことを目標としています。
自分にしか作ることのできないジュエリーを作るための最初の一歩を、ここフィレンツェにて踏み出していきたいと思っています。

Aug. 14, 2018 | Posted in Jewelry, Blog , | Tags:, | Language:
Reporter: Tomoko TADAHIRA | Course: Jewelry

Jewelry Making 1-One Year Course 2018

待ちに待ったジュエリー制作の授業がやってきました。
ここはジュエリー制作を行うための教室です。日本で使ったものと同じものや違うものなど、設備を一通り見て回った後、自分の作業台に行き、早速作業を開始します。

20180119_tadahira01

20180119_tadahira02

20180119_tadahira03

授業は、先生に指示されたものを制作していきます。
最初は真鍮を使ったリングの制作を行い、道具の使い方や作業行程など、基本的なことを学びます。
「切る」「やする」「磨く」などといった基礎的な行程を、先生と一緒にゆっくりとこなしていき、わからないことや違うやり方を知りたい場合、聞けばすぐに教えてくれます。

20180119_tadahira04

インチジオーネと呼ばれる洋彫りの技法を学ぶ授業では、専用の道具を使い、練習用の銅版に彫っていきます。
力のいれ具合や刃先の角度など、少しでも違ってしまうとすぐ失敗に繋がってしまうので、集中して慎重に行わなければならない作業の一つです。今は失敗だらけですが、これから少しでも上達するためにひたすら練習しています。
ちなみに、刃のついた先端の部分はBulinoと言いますが、フィレンツェではciappolaという別の呼び方をするそうです。

20180119_tadahira05

20180119_tadahira06

制作に使うための必要な道具を買いに、「Giuseppe Mealli」というお店を紹介してもらいました。ここには様々な道具がおいてあり、欲しいものを伝えるとすぐに持ってきてくれます。オーナーがとてもフレンドリーな方で、わからないことも気兼ねなく聞くことができました。

20180119_tadahira07

この日は友達と昼食に行きました。
一番印象に残ったのは、最後のデザートにCrema Catalanaを注文した時、店員さんが火のついた状態で持ってきてくれたこと。
味も美味しかった上に、目の前で炎が揺れる光景もとても綺麗で、いつもよりゆったりとしたお昼の時間を過ごせたような、そんな気分になりました。

20180119_tadahira08

20180119_tadahira09

20180119_tadahira10


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

◼️9日間の夏休みが終わりました!! 近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日で…
Language:   Reporter: Mariko KATO
Course: Jewelry

Read more

Furniture Making vol.11 (One-year 2019 – Jioh)

Another engraving method. As I have used the handed blades…
Language:   Reporter: Jioh Kang
Course: Furniture Making and Restoration

Read more

Painting Drawing vol.16 (One-year 2019 – Kristin)

Something New This week has been a huge come-down of ener…
Language:   Reporter: Kristin FIORVANTI
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger