Students' report

Up-to-date report from one of our students!

 Mio MIYAZAKI
Reporter
Mio MIYAZAKI

Nationality: Japan
Course: Internship
Program: Internship
Period: Jul. 1,2015- Jun. 30,2016


アカデミアリアチのアシスタントをしています。
学校内の授業風景や、学生さんの日常生活、フィレンツェで起こるいろんな出来事をお伝えしていきたいと思います!

Sep. 01, 2016 | Posted in Blog, Internship , | Tags:, | Language:
Reporter: Mio MIYAZAKI | Course: Internship

Internship 38-Internship Course 2015 (Assistant1)

イタリアの家で、歴史を感じる外観の家に入ると、アンティークの雰囲気漂う素敵な室内だったり、外観からは想像できない、日本で見るモデルハウスのような家がたくさんあります。
家の中を常にピカピカにするイタリア人の習慣もありますが、もう一つはインテリアにあります。

イタリアの中でもフィレンツェは特に、手作り家具、アンティーク家具を代々受け継ぎながら大切に扱っている家族が多く見られます。

また使っている素材も自然のものを好むので、お手入れは少し大変ですが、
昔ながらの家では主に木材、ガラスや大理石を使用したインテリアや内装が多いです。

大量生産で価格の低い製品が市場に増えてきている現状ですが、その中でもフィレンツェは1点ものを愛用する習慣が深く根付いています。
不便な部分のみを新しく機能的なものに替え、
新しいものと古いものを上手く使い分けた、素敵な空間を作っている家がたくさんありました。

Mio Miyazaki_20160805_01

Mio Miyazaki_20160805_02

例えば、こんな風にリビングは昔ながらのクラシックな様式ですが、キッチンバスなどの水廻りはスッキリと現代風にしています。

1つを制作するのに数ヶ月かかるのが通常で、
修復して何十年にも渡って使い、よりよいものは代々受け継がれていきます。
また、北の方へ行けば行く程、比較的新しく立て直された家も見られ、
寒い地方ではすきま風などが入らないよう、暖房も大きく室内がとても暖かい所が多い印象です。

また家具と言えば、イタリアで最も大きな国際家具展示会、ミラノサローネがあります。
毎年の見本市では、デザイン性と機能性の両方を取り入れつつ、新しさやオリジナル性をつねに追求していて、斬新なアイデアのものもあり、来場者を楽しませてくれる場でもあります。

Mio Miyazaki_20160805_03

Mio Miyazaki_20160805_04

Mio Miyazaki_20160805_05

イタリア人は子供用製品に対する思想が深く、教養と遊びを兼ね備えた子供部屋にするために、
数々のユニークなアイデアが見られます。

サローネは各部門に分かれていて、
クラシック家具(主に高級ホテルや高級レストラン)

Mio Miyazaki_20160805_06
デザイン性の高いモダン家具、
照明部門

Mio Miyazaki_20160805_07
隔年で、キッチン・バス、オフィス部門も展開されています。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Painting-Drawing 27-Master Course 2017 (Student2)

This last week, the last one of all to finish the Master C…
Language:   Reporter: David DOMINGUEZ
Course: Painting and Drawing

Read more

Interior Design 28-Master Course 2017

デザインオフィスとのプロジェクトの最終プレゼンボードです。3Dを作って、色とマテリアル、家具配置の提案を行いました。…
Language:   Reporter: Yuri MIYAGI
Course: Interior Design

Read more

Painting-Drawing 3-One Year(semester) Course 2018

今週の日曜日にはアートステージのスケッチでFiesoleへ行きました。7番という乗った事もないバスに揺られて着いたの…
Language:   Reporter: Erika MAHMUD
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course
Competition2019
Competition Winners

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery