Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Momoko MIYAZAWA
Reporter
Momoko MIYAZAWA

Nationality: Japan
Course: Internship
Program: Internship
Period: Jul. 2,2015- Jun. 3,2016


アカデミアリアチのアシスタントをしています。
日本人の旦那さん共々インターン中で、フィレンツェから電車で1時間30分ほど離れたアレッツォのそのまた田舎に住んでいます。都会では味わえないイベントや食べ物、友達の事、家に入り浸っている野良猫「黒さん」の事、そして学校での事を発信していこうと思います。

Apr. 28, 2016 | Posted in Top Stories, Internship , | Tags:, | Language:
Reporter: Momoko MIYAZAWA | Course: Internship

Internship 21-Internship Course 2015 (Assistant2)

前回、前々回に引き続きパドヴァのレポートです。
今回は食についてです。
ここはベネツィアの近くという事で海の幸を食べる事が出来る町です。

Momoko MIYAZAWA_20160318_01

Momoko MIYAZAWA_20160318_01_5

大学の町という事でリーズナブルな価格のオステリアなどもありますが、私達は美味しいと評判のモダンなレストランで夕食をいただきました。
20時の予約でしたが、私達が一番目の客でした。
そして21時過ぎから続々とお洒落をしたお客さん達がお店に入ってきました。
お店自体も24時までやっていて、もしかしたらフィレンツェなどの地域より夕食の時間が遅いのかもしれません。
メニューはやはり海の幸を使った料理が多く、私はPaccheri di Gragnano alla Carbonara di Mare(パッケリパスタと海の幸のカルボナーラ)を、旦那さんはZuppa di Mare(ラグーナ湾で獲れた魚介のスープ)を、そしてメインに2人でPescato del Giorno “all`Acqua Pazza”(その日の魚のアクアパッツァ)を注文しました。

Momoko MIYAZAWA_20160318_02
お通しのエビのフライ。
揚げたてで、マヨネーズと一緒に付いてる野菜を混ぜてタルタルソースにしてフライと一緒に食べます。

Momoko MIYAZAWA_20160318_03
パッケリとは直径3cm、長さ5cmくらいのマカロニを巨大化したようなパスタです。
ナポリのあるカンパーニャ州のパスタだそうで、大きな形状は貧しかった人々が少ないパスタでお皿を一杯に見せるための知恵なのだとか。
そしてパッケリ(Paccheri)という名前はイタリア語のPacca(平手打ち)が由来で、茹でたパスタをお皿に盛り付ける時のピチャッという音が平手打ちの音に似ていたからだそうです。
私が注文したような海の幸やトマトソースでもミートソースのようなどろっとしたソースを絡めて食べる食べ方や、パッケリの中に具を入れてオーブンで焼くような食べ方をするそうです。
このような大きなパスタは初めて食べたのですが、魚介の出汁とカルボナーラが上手く混じり合ったソースが絡みついてとても美味しかったです。

Momoko MIYAZAWA_20160318_04
旦那さんのスープは見た目は豪華ですが、スープの味は薄口で繊細でした。
魚介自体も美味しく、あっという間に食べてしまいました。

Momoko MIYAZAWA_20160318_05
そしてその後にアクアパッツァが出てきます。
一度出来上がった状態でお皿を持って来てくれて見せてくれます。
そしてもう一度厨房に持って行って魚の頭や骨を取って、盛り付けた状態で出してくれます。
写真はないのですが、盛り付ける前の魚は本当に大きく、いつもスーパーで買っている同じ魚の1,5倍、いや、2倍あったかもしれません。 味ですが、新鮮な魚は焼いても本当に美味しいですね。
身がふわふわで、日本人である私はこの本当に美味しい魚を醤油で食べたいところですがwここはオリーブオイルと塩コショウでいただきます。

Momoko MIYAZAWA_20160318_06
最後にカッフェを頼んだらチョコチップクッキーをサービスしてくれました。
このクッキーもお店のお手製だそうです。
美味しかったー

Momoko MIYAZAWA_20160318_07
そして次の日のお昼はFritti di Mare(魚介のフライ)をいただきました。
飲み物はビール、最高の組み合わせですw

食後、もう一度町を散策して電車で帰りました。
帰国まであと50日くらいです。
美味しいものをまだまだいっぱい食べます!!!w


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Shoe Making 14-Atelier Course 2017

很快的,一年的課程就過了一半,這禮拜過去,聖誕節就要到來了。有些短期課程的同學,在星期五課程結束後就要回去他們的國家…
Language:   Reporter: Li SHIAU-TING
Course: Shoe Making/Design

Read more

Interior Design 15-One Year Course 2017(Student1)

Winter Sales Me and my housemate went to Barberino Designer…
Language:   Reporter: Juan ZHI YANG
Course: Interior Design

Read more

Painting Restoration 63-Internship Course 2017-2018

欠損にグアッシュで周りの色にできるだけ近い色を作り、ベースカラーを施していきます。 …
Language:   Reporter: Eri Hosokawa
Course: Restoration of Paintings

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
VIA DE' CONTI, 4
50123 FLORENCE (ITALY)

Italian Language Plus course

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery