Accademia Riaci
Students' Blog

Up-to-date report from one of our students!

Yukari Nakai
Reporter
Yukari Nakai

Nationality: Japan
Course: Bag Making
Program: Atelier 1year Course
Period : Sept.8,2014 - Apr.24,2015

2014年9月から2015年4月まで、バッグメイキングについて学びます。 カバンの基礎やフィレンツェの様子など、写真を通して皆さんに伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

Dec. 09, 2014 | Posted in Blog, Bag Making & Leather Arts, Living in Florence , | Tags:, | Language:
Reporter: Yukari Nakai | Course: Bag Making & Leather Arts

Living in Florence( Bag Making)– Fall 2014

Bag Making_20141205_1
これはピッティ宮殿の前の広場です。
ルネサンス様式の宮殿です。
この美術館には、ラファエロ等の作品があります。

Bag Making_20141205_2
これは、edicolaです。新聞雑誌売店という意味です。
文字通り新聞等を買うことができますが、お土産も買うことができます。
その他、携帯をチャージするカード等も売っています。
edicolaは、至る所にあります。

Bag Making_20141205_3
街中を歩いている途中に警察官を見かけたので、写真を撮りました。
日本とは全く制服が異なります。
中心地では、必ず見回りをしています。

Bag Making_20141205_4
これは、建物を修復している様子です。
この黄色いものは、大きなバケツです。
バケツの底をくり抜いて連結させ、上から下に物を捨てます。
日本では見たことがない光景です。

Bag Making_20141205_5
日本と同様、郵便ポストは赤色です。
投函口が2つあり、左側は地域内、右側は地域外です。
なので、日本に手紙を出すときは右側に投函します。

Bag Making_20141205_6
これは、ヴェッキオ橋を渡る前の道です。
この道だけではなく、街全体がイルミネーションで光輝いています。
もちろんお店もクリスマスの飾りつけがされています。

Bag Making_20141205_7
これは、サンタ・クローチェ広場です。
食べ物や服、クリスマスのデコレーション、海外の食品等が販売されています。

Bag Making_20141205_8
ここは、私の好きなカフェです。
写真にも写っていますが、新鮮な野菜を使っています。
イタリアは野菜や果物等が日本に比べ安いです。
安いだけではなく、味もしっかりしているので美味しいです。

Bag Making_20141205_9
私が作っている鞄の一部です。
同じ力で編まなければ、形が歪になってしまいます。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Painting and Drawing vol.1 (Summer Course_Chisa_T.)

初めてのイタリア まず初めに日本とはまるで違う街並みに、新鮮さを覚えました。 …
Language:   Reporter: Chisa Takahashi
Course: Painting and Drawing

Read more

Restoration of Paintings vol.6 (Short Course_Kate Appleby)

This week, I've continued to restore the copy of Car…
Language:   Reporter: Kate Appleby
Course: Restoration of Paintings

Read more

Jewelry Design vol.21 (Master Course – Ting Ya Lin)

This week by appreciating the brand's designs and tr…
Language:   Reporter: Ting Ya Lin
Course: Jewelry Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more