Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Masami ISHIZUKA
Reporter
Masami ISHIZUKA

Nationality: Japan
Course: Shoe Making
Program: Master Course
Period: Sept. 5,2016-Apr. 28,2017


日本では10年間ほど靴づくりとは関係のないお仕事をしていましたが、趣味としてずっと好きで続けていたのが革細工でした。休日には財布など小物をコツコツ作る毎日でした。そしてそこから派生して、この2年間は神戸にある靴学校に毎週通いました。自分が考えたものが形になっていくことが面白くて、休日は疲れていても靴作りが楽しくて仕方がありませんでした。とても時間がかかる作業ですが、出来上がりだけでなく、出来上がっていく様子がなんとも言えません。
一年ほど前から、思い切ってお仕事を辞め、本場イタリア・フィレンツェに革靴づくりを学びに行くことを決めました。今年の5月より4ヶ月間、語学学校でお世話になりイタリア語で何とか授業を受け始めました。まだまだ分からない事だらけですが、楽しみながら頑張りたいと思っています。

I worked in Japan for about 10 years but my former job had nothing to do with shoe making. I simply liked leather working as a hobby. I used to make small items such as leather wallets on my days off. For this past 2 years, I studied every week at a shoe making school in Kobe, Japan. I totally enjoyed the process of how my idea became actual shoes, so I kept making shoes on weekends even though I was tired from my weekday’s work. It takes a long time to make 1 pair of shoes, but I just love the shoe making process itself.
I quit my job 1 year ago and decided to come to Florence to study shoe making. I took Italian lessons for 4 months from this May, and I am now taking shoe making lessons in Italian. There is so much I need to learn now, but I hope to enjoy this learning experience.

Oct. 11, 2016 | Posted in Blog, Shoe Making & Shoe Design , | Tags:, | Language:
Reporter: Masami ISHIZUKA | Course: Shoe Making/Design

Shoe Making 5-Master Course 2016 (Student2)

Masami ISHIZUKA_20161007_01
学校での一日をご紹介します。靴コースの授業は大体朝の9時から13時まであります。朝少し早めに来ると、まだ誰も来ていませんが、静かな教室の雰囲気がなかなか好きです。

Masami ISHIZUKA_20161007_02
作業する為のエプロンを自分で作ってみました。革は郊外にある学校で紹介してもらったお店で買いましたが、日本よりもお得な感じでした。

Masami ISHIZUKA_20161007_03
授業が始まる前にはクラスメートと前回の復習や雑談などをしています。今学期は5人ですが、公用語は英語です。先生がイタリア語で授業されるので、イタリア語が話せた方がいいのですが、やはり英語はコミュニケーションを取るのには欠かせません。

Masami ISHIZUKA_20161007_04
今週からはいよいよ男性靴に取りかかります。Franceseというモデルの靴を作るのですが、来週には自分の注文した木靴が届くので、今は作り方のみを仮の木型で考えていきます。

Masami ISHIZUKA_20161007_05
基本的な作り方は先月学んだやり方で作る事ができますが、Franceseならではの注意点やポイントも細かく教えて貰っています。

Masami ISHIZUKA_20161007_06
仮の木型に取ったデザインを紙におこしたものです。今回はデザインとして踵の部分にMを花っぽくして入れました.革に取る時には、ここの部分はパンチで穴をあけます。

Masami ISHIZUKA_20161007_07
11時になるとそろそろ休憩です。この日はイギリス出身の女の子が家でケーキを作ってきてくれました。イギリスと言えばアフタヌーンティーとお菓子が有名です。ちょっと甘かったけど、エスプレッソとの相性は抜群でした!!

Masami ISHIZUKA_20161007_08
イタリアではカフェで気軽に休憩する人が多いですが、靴コースのアンジェロ先生もカフェが大好きです。学校のすぐ前にあるカフェには学校で見かけたことがある人を常に見かける程です。

Masami ISHIZUKA_20161007_09
11時の休憩があるのと授業が1時まであるので、お昼は日本の感覚よりも随分遅くなります.午後は授業ではなく、自主制作タイムになりますので、みんな2時~3時くらいにぼちぼち行きます.私は近くのCONADというスーパーによく行きます。

Masami ISHIZUKA_20161007_10
CONADは市内にある比較的庶民的なスーパーで、一通り野菜や果物も売っています。私はいつもパンやフルーツを食べる分だけ買って食べています.物価は日本よりややお得で、欲しい分だけ買えるのが魅力です。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Painting-Drawing 27-Master Course 2017 (Student2)

This last week, the last one of all to finish the Master C…
Language:   Reporter: David DOMINGUEZ
Course: Painting and Drawing

Read more

Interior Design 28-Master Course 2017

デザインオフィスとのプロジェクトの最終プレゼンボードです。3Dを作って、色とマテリアル、家具配置の提案を行いました。…
Language:   Reporter: Yuri MIYAGI
Course: Interior Design

Read more

Painting-Drawing 3-One Year(semester) Course 2018

今週の日曜日にはアートステージのスケッチでFiesoleへ行きました。7番という乗った事もないバスに揺られて着いたの…
Language:   Reporter: Erika MAHMUD
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery