Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Masami ISHIZUKA
Reporter
Masami ISHIZUKA

Nationality: Japan
Course: Shoe Making
Program: Master Course
Period: Sept. 5,2016-Apr. 28,2017


日本では10年間ほど靴づくりとは関係のないお仕事をしていましたが、趣味としてずっと好きで続けていたのが革細工でした。休日には財布など小物をコツコツ作る毎日でした。そしてそこから派生して、この2年間は神戸にある靴学校に毎週通いました。自分が考えたものが形になっていくことが面白くて、休日は疲れていても靴作りが楽しくて仕方がありませんでした。とても時間がかかる作業ですが、出来上がりだけでなく、出来上がっていく様子がなんとも言えません。
一年ほど前から、思い切ってお仕事を辞め、本場イタリア・フィレンツェに革靴づくりを学びに行くことを決めました。今年の5月より4ヶ月間、語学学校でお世話になりイタリア語で何とか授業を受け始めました。まだまだ分からない事だらけですが、楽しみながら頑張りたいと思っています。

I worked in Japan for about 10 years but my former job had nothing to do with shoe making. I simply liked leather working as a hobby. I used to make small items such as leather wallets on my days off. For this past 2 years, I studied every week at a shoe making school in Kobe, Japan. I totally enjoyed the process of how my idea became actual shoes, so I kept making shoes on weekends even though I was tired from my weekday’s work. It takes a long time to make 1 pair of shoes, but I just love the shoe making process itself.
I quit my job 1 year ago and decided to come to Florence to study shoe making. I took Italian lessons for 4 months from this May, and I am now taking shoe making lessons in Italian. There is so much I need to learn now, but I hope to enjoy this learning experience.

Sep. 29, 2016 | Posted in Top Stories, Shoe Making & Shoe Design , | Tags:, | Language:
Reporter: Masami ISHIZUKA | Course: Shoe Making/Design

Shoe Making 3-Master Course 2016 (Student2)

Masami ISHIZUKA_20160923_01
靴作製コースが始まり3週間目です.今週は、女性用の靴づくりの三足目となる、「Chanel」です。Chanel(シャネル)と呼ばれる靴の特徴は、かかとがオープンになっているタイプという事です。木型にデザインを描いていきます。

Masami ISHIZUKA_20160923_02
型紙をとり、微調整を行います。この型紙を作る段階でも、Chanelは今までで一番ややこしい気がしました。かかとが空いているためベルトにするのですが、その部分が難しく感じました。

Masami ISHIZUKA_20160923_03
型紙が完成すると、必ずアンジェロ先生に確認してもらいます。数値でなく、経験値で線を引かないといけない部分もあるため、この作業は毎回とても重要です。一発合格はいままでにもまだありません。言葉よりも技術の壁がありますが、みんな頑張っています。

Masami ISHIZUKA_20160923_04
型紙にオッケーが出れば、実際に革に型をとっていきます。カットして、折り返したり、ノリをつけたりする作業にはやや慣れて来たように思います。しかしミリ単位で型紙を取ったのに、折り返す部分が多すぎたりすると台無しです。チェックの目が厳しいのはさすがです。

Masami ISHIZUKA_20160923_05
ほとんどの靴には、靴を丈夫にするための「補強芯」が入っています.Chanelはかかとの支えが無い分、両サイドに芯を添えなければなりません。これがないと、フニャフニャの靴になり、とても弱い靴になってしまうのです。

Masami ISHIZUKA_20160923_06
アッパーとライニングの両方を合わせて、いよいよ縫って行きます。ミシンは失敗すると跡がついてしまいますし、何よりその部分の革が弱くなってしまいます。ココ一番の緊張と集中力で挑みます。

Masami ISHIZUKA_20160923_07
縫い終わった後、内側から見るとこうなります。今回は、アッパーをベージュ、ライニングをオレンジにしました。なかなか派手に感じられるかもしれませんが、ライニングなので思い切ってこの色にしました。

Masami ISHIZUKA_20160923_08
ライニングの余った部分を丁寧にカットしていきます。ここも縫い目を切ってしまわないように慎重に作業します。せっかくキレイに縫えても、カットを失敗すれば台なしです。ミシンに続き緊張は続きますが、必死に作業します。

Masami ISHIZUKA_20160923_09
カットが終わると、木型に被せてみると、なかなか靴っぽくなってきて嬉しくなります。本日はここまでで作業は修了です。来週はいよいよ「つり込み」をするそうです。靴底とアッパーを引っ付ける作業です!!

Masami ISHIZUKA_20160923_10
夜のフィレンツェは、さまざまな催しが行われます。この日の日曜日は、「WIRED」というライブが無料で開かれていました.屋台はあまりなく、みな持ち寄ったワインやハムなんかを食べながら、とてもリラックスした休日を楽しんでいました。イタリアならではの余暇の楽しい方法です。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Internship 19-Internship Course 2016

先日ジュエリーコースの学生さんの、作品イメージ撮りをしてきました。 作品だけの写真は以前に撮影しましたが、今回は靴コー…
Language:   Reporter: Emi Ota
Course: Internship

Read more

Painting Restoration 51-Internship Course 2015-2017

聖母子を描いた板絵の修復に入ります。まず、ひび割れて窪んでいるところに石膏の詰め物をし、平に削っていきます。 欠損は少…
Language:   Reporter: Eri Hosokawa
Course: Restoration of Paintings

Read more

Graphic Design 14-One Year Course 2017

今まで行って来た課題の最終工程です。今回はこれまで作って来たデザインをPhotoshopを使ってMock-up作業を…
Language:   Reporter: Misa YOSHIDA
Course: Graphic Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more


TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy

Online Counseling With Skype
Call me!-Accademia Riaci Skype Chat-Accademia Riaci Skype

» Get Skype! (FREE CALL)


Competition2017