Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Eri Hosokawa
Reporter
Eri Hosokawa

Nationality: Japan
Course: Painting Restoration
Program: Internship Course
Period : Jun.12,2017-Jun.8,2018


より実践的な経験を積むために、修復の都フィレンツェで学ぶことにしました。多くの事例に触れ技術の向上を目指し、最新の処置法や素材などもしっか り勉強していきたいと思います。こちらでの生活の様子やイベント、週末に訪れる教会や美術館などもお伝えしていきたいと思います。宜しくお願いします。

In order to add more practical experience in my career, I decided to study in Florence, the home of restoration work. I wish to improve my painting restoration techniques through experiencing various types of restoration works as well as learning the latest restoration techniques. I am looking forward to letting you know about my daily life in Florence and my weekend visits to churches, museums and so on.

Sep. 21, 2018 | Posted in Blog, Restoration of Paintings , | Tags:, | Language:
Reporter: Eri Hosokawa | Course: Restoration of Paintings

Painting Restoration 68-Internship Course 2017-2018

フィレンツェ貯蓄銀行財団にて、国立修復研究所による修復が完了したフラ・アンジェリコの磔刑図が展示されています。来歴や修復処置を解説した冊子も配布されていて、作品の理解を深めることができます。
切り株の聖ニコロ信心会のために1430年ごろ制作され、17世紀初めに板を裁断するなどして作品は縮小されますが、この作品が礼拝堂にあった頃にその内部を描いた絵画などをもとに板を補い、最も制作当時に近い構造に復元されています。板絵は1557年と1966年の2度洪水の被害に遭い、過去に何度も修復を受けています。1970年代の修復では、欠損すべてが同一中間色で処置され、オリジナルと欠落している部分が一目で識別できるような方法がとられました。一方今回の修復では、美観をより重視し、補完可能な色面などはそのトーンを補うことでより鑑賞しやすくなっています。

20180216_hosokawa01

20180216_hosokawa02

20180216_hosokawa03

20180216_hosokawa04

ジローネ地区からアルノ川沿いを散策し、その後セッティニャーノの丘のガンベライア荘までを一周する、約8キロのトレッキングに参加してきました。歴史中心地区では歩道と比べるとかなり低い位置を流れているアルノ川ですが、この地区では川のすぐ隣をほぼ水の高さで散策できます。
 ガンベライア荘はイタリアで最も美しい庭園の一つといわれていますが、第二次世界大戦の間多大な被害を受け、現在見られるものは過去の文献にならい修復・再建されたものです。庭園を縁取る四角く刈り込まれた糸杉が印象的で、その下には素晴らしい景色が広がっています。

20180216_hosokawa05

20180216_hosokawa06

20180216_hosokawa07

20180216_hosokawa08

20180216_hosokawa09


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Painting-Drawing 27-Master Course 2017 (Student2)

This last week, the last one of all to finish the Master C…
Language:   Reporter: David DOMINGUEZ
Course: Painting and Drawing

Read more

Interior Design 28-Master Course 2017

デザインオフィスとのプロジェクトの最終プレゼンボードです。3Dを作って、色とマテリアル、家具配置の提案を行いました。…
Language:   Reporter: Yuri MIYAGI
Course: Interior Design

Read more

Painting-Drawing 3-One Year(semester) Course 2018

今週の日曜日にはアートステージのスケッチでFiesoleへ行きました。7番という乗った事もないバスに揺られて着いたの…
Language:   Reporter: Erika MAHMUD
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery