Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Eri Hosokawa
Reporter
Eri Hosokawa

Nationality: Japan
Course: Painting Restoration
Program: Internship Course
Period : Jun.1,2015-May,2017


より実践的な経験を積むために、修復の都フィレンツェで学ぶことにしました。多くの事例に触れ技術の向上を目指し、最新の処置法や素材などもしっか り勉強していきたいと思います。こちらでの生活の様子やイベント、週末に訪れる教会や美術館などもお伝えしていきたいと思います。宜しくお願いします。

In order to add more practical experience in my career, I decided to study in Florence, the home of restoration work. I wish to improve my painting restoration techniques through experiencing various types of restoration works as well as learning the latest restoration techniques. I am looking forward to letting you know about my daily life in Florence and my weekend visits to churches, museums and so on.

Sep. 28, 2015 | Posted in Top Stories, Restoration of Paintings , | Tags:, | Language:
Reporter: Eri Hosokawa | Course: Restoration of Paintings

Painting Restoration 5-Internship Course 2015-17

Eri Hosokawa_20150925_01 Eri Hosokawa_20150925_02
キャンバスの作品では、裏に回り込む部分が木枠に沿って切り取られていることがよくありますが、作品を解体し再度木枠に張り込む必要がある場合、布を継ぎ足して張りしろを補うストリップライニングとう技術を施します。写真はその応用編で、祭壇画の半円の部分を処置する場合、小さな布を並べてカーブに合わせていきます。花弁が開く様子に似ていることから、通称「マルゲリータ(フランスギク)」とよばれるそうです。使用する麻布は織目に沿ってまっすぐに切る必要があるため、布の糸を一本引き抜き、その線にハサミを入れていきます。

Eri Hosokawa_20150925_03 Eri Hosokawa_20150925_04 Eri Hosokawa_20150925_05 Eri Hosokawa_20150925_06
Eri Hosokawa_20150925_07 Eri Hosokawa_20150925_08
17世紀の祭壇画の部分写真です。欠損にグアッシュでベースカラーを施し、ニスがけ後補彩に入ります。手の部分では指を補完しなければなりませんでした。人差し指の置き方から他の指がどのような形で沿えば最も自然かを考え、残された色の断片も観察しながら形を決めていきます。欠損は近付いた時にオリジナルの部分と識別できるよう、複数の色を用いたハッチングで埋めていきます。その他絵の具が欠けている部分にも補彩を施していくと、形がはっきりと見えてきます。

Eri Hosokawa_20150925_09 Eri Hosokawa_20150925_10
歴史地区の南側、特にピッティ宮殿を護るために1590~95年にかけて建設されたベルヴェデーレ要塞です。長い間閉鎖されていたようですが、近年では春~秋にかけて行われる展覧会期間限定で一般公開されています。要塞を支える10メートル近い壁は圧巻で、ミケランジェロ広場よりも高い位置にあるこの場所からは、ボボリ庭園、さらに南の丘一帯を見渡すことができます。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Bag Making 1-One Year Course 2017

Monday Today I practiced stitching on the sewing machine fo…
Language:   Reporter: Danielle LEGER
Course: Bag Making/Design

Read more

Interior Design 1-Master Course 2017

インテリア、プロダクト、ファッション、バックデザインなど様々な分野のデザイン授業で使われる教室です。初日…
Language:   Reporter: Yuri MIYAGI
Course: Interior Design

Read more

Fashion Design 1-Art short Course 2017

I came to Florence after 30 hours travelling by bus and the …
Language:   Reporter: Mihaela ZANEVA
Course: Fashion Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more


TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy

Online Counseling With Skype
Call me!-Accademia Riaci Skype Chat-Accademia Riaci Skype

» Get Skype! (FREE CALL)


Competition2018
Competition2017