Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Hiromi YUASA
Reporter
Hiromi YUASA

Nationality: Japan
Course: Painting and Drawing
Program: Master Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


イタリアの祭壇画で使用されている黄金背景テンペラを学ぶためにフィレンツェに来ました。フィレンツェは街自体が美術館で、またルネッサンス発祥の地でもあるため、学ぶべき、見るべきオリジナルの作品がすぐ近くにあるので本当に素晴らしいです。こちらに来て4ヶ月目になりますが、たくさんの美術館や教会に行きました。またフィレンツェはイタリアの中央に位置しているため、違う都市へのアクセスもよく、すでにヴェネチア、シエナ、ルッカなど様々な都市に美術品を見に行きました。フェレンツェは職人の街で、古くからの手仕事を大切にしている所が大好きです。
日本ではアニミズムをテーマに作品を描いており、今回学ぶ技法を自分の作品に生かしたいと思っています。

Nov. 02, 2018 | Posted in Blog, Painting and Drawing , | Tags:, | Language:
Reporter: Hiromi YUASA | Course: Painting and Drawing

Painting-Drawing 9-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Disegno

先週に引き続き、週に2回月曜日と水曜日の女性モデルによるデッサン。先週は、何回かポーズを変更して比較的短い時間で行いましたが、今週はポーズを固定し、水彩や油絵、パステル、テンペラなど自分で行いたい材料を使用して着彩までを行いました。私はテンペラにしました。ヴェルダッチョという緑色を最初におき、人物の陰や青み部分を残しながら、赤みや明るい部分を後に描いていくという古典の方法を練習してみました。水性系の絵の具なのですぐに乾き、油絵のように画面上で色を混ぜてグラデーションを作ることができないので、ハッチングを行います。1日3時間ですが、モデルさんの休憩もあるのでポーズ時間は2時間半ぐらいです。合計5時間で形取りからハッチングによる仕上げまでというのはあまりに時間が足りませんでした。少し、家でも続きをやってみたいと思っています。
ウフィッツィ美術館にある、ギルランダイオ、ボッティチェリ、フィリッポ・リッピなどこの描き方をしていますが、改めてすごい技術だと思いました。

20180323_yuasa01

20180323_yuasa02

20180323_yuasa03

授業2 Painting

20180323_yuasa05

Inganna l’occhio” (だまし絵)による壁画装飾のテクニックを学ぶ授業(毎週木曜日)。
私が選んだ題材は、ピューテル・ブリューゲル(父)の一部作品の模写で時間がかかるため、自習時間にも少し制作しました。花を描くことは元々好きなのでとても楽しいです。

20180323_yuasa04

20180323_yuasa06

Art Visit

20180323_yuasa07

毎週金曜日のArt Visitの授業。今回はサント・アポロニア修道院の食堂 (Cenacolo di Sant’Apollnia)というサン・マルコ広場方面に学校から徒歩9分程度のところにある元女子修道院で、現在は博物館として公開しているところです。

フィレンツェで活躍し、後にコズメ・トゥーラを始めとするフェラーラ派に影響を与えたアンドレア・デル・カスターニョ(Andrea del Castgno1421−1457)の代表作の一つ、「最後の晩餐」などのフレスコ画があります。その上にはその背景として、左からキリストの復活、磔刑、降下の場面が描かれています。ルネッサンスの伝統的な構図を受け継いでいますが、遠近法や建物などは独自性があります。
修道院は厳しく外界との接触を断っていたため1860年に修道院は廃止されるまで長い間、存在を知られていませんでした。1891年に美術館として公開されるようになりました。その修復により、前述した3場面のキリストの受難は発見されました。
フレスコ画を本来の壁から剥がし、別に用意したパネルや壁などに移す“Strappoストラッポ”という修復技法があります。このとき、シノーピエという着彩したフレスコ画の下にある下絵(08)が出てきます。それを現在は比較しやすいように同じ部屋に展示してあります。下絵と着彩時で変化していたり、画家の息づかいを感じやすいデッサンが観れるのは面白いです。

20180323_yuasa08

20180323_yuasa09

学校生活
日本のカレーが急に恋しくなりました。家の近くの “Mu Lan Market”というアジアンマーケットで日本のメーカーのカレールー[3.3ユーロ]を購入して食べました。こうしたアジアンマーケットは学校の近くにも“ViVi Market”という店があり、日本の顆粒だし、みりん、醤油、おたふくソースなども売っているので、日本の家庭料理が食べたくなっても困りません。もちろんこれらは、日本に比べて高価です。ちなみにお米はアジアンマーケットでも買えますが、Originaleという種類のお米が日本のお米に近く、スーパーで1kg、1ユーロの安価で購入して鍋などで炊くことができます。

20180323_yuasa10

20180323_yuasa11


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Furniture Design vol.24 – Master Course 2018 (s.s)

On today’s Art Visit, we went to Biblioteca Medicea Lauren…
Language:   Reporter: Sophia SANCEZ
Course: Interior Design

Read more

Jewelry Making vol.26 – Master Course 2018 (k.m)

#1 – Wine for our exhibition night! #2 – Setting up o…
Language:   Reporter: Kelsey MERKELY
Course: Jewelry

Read more

Interior Design vol.26 – One Year 2018 (r.s)

Image #1-10: We have been to the library of Lorenzo Medic…
Language:   Reporter: Rie SHIRAYANAGI
Course: Interior Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia