Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Hiromi YUASA
Reporter
Hiromi YUASA

Nationality: Japan
Course: Painting and Drawing
Program: Master Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


イタリアの祭壇画で使用されている黄金背景テンペラを学ぶためにフィレンツェに来ました。フィレンツェは街自体が美術館で、またルネッサンス発祥の地でもあるため、学ぶべき、見るべきオリジナルの作品がすぐ近くにあるので本当に素晴らしいです。こちらに来て4ヶ月目になりますが、たくさんの美術館や教会に行きました。またフィレンツェはイタリアの中央に位置しているため、違う都市へのアクセスもよく、すでにヴェネチア、シエナ、ルッカなど様々な都市に美術品を見に行きました。フェレンツェは職人の街で、古くからの手仕事を大切にしている所が大好きです。
日本ではアニミズムをテーマに作品を描いており、今回学ぶ技法を自分の作品に生かしたいと思っています。

Jul. 05, 2019 | Posted in Blog, Painting and Drawing , | Tags:, | Language:
Reporter: Hiromi YUASA | Course: Painting and Drawing

Painting-Drawing 25-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Pittura
“Rooster Dafe Firenze”
住所:Via Porta Rossa, 63 R
レストラン“Rooster”での作品制作。今週やっと完成しました!
同級生と2人で制作。私は80×80cmを3枚制作。油絵。
とてもよい記念になりました。

20180720_yuasa01

20180720_yuasa02

20180720_yuasa03

授業2 Restauro
【candeliereの修復】
candeliere燭台の修復の続き。
今週の工程
① 欠損部に補足したStuccoをオリジナルに馴染むようにヤスリをかけ
② まず薄く溶いた黄色のBoloを塗る。その後オリジナルのBoloと同じ色を調合して作り、3層以上塗る。(06,07)
③ Boloの部分に(膠1:水25)をさらに水で希釈した魚膠を塗って、すぐに銀箔を置く。大きめに貼ることがポイント。銀箔は少し既に酸化したものをあえて使用する。
同時進行でテストピースも制作。燭台に取り掛かる前にこのテストピースで試す。そのため、上記の①〜③をここでも行う。

20180720_yuasa04

20180720_yuasa05

20180720_yuasa06

20180720_yuasa07

20180720_yuasa08

Art Visit
Art Vistの授業。7月20日は “ Chiesa di San Michele Visdomini”.
現在の建物は1364年にはじまり、元あったVisdomini家の教会を壊して建てられている。1552年から1782年の間にセレスティニ修道士たちが公認し、教会をゴシック様式に改装。内部には16〜17世紀の絵画があり、マニエリズムの代表画家ポントルモの “Sacra Conversazione”(1518年)を始め、他にはPoppiの “La Resurrezione”(1570)やEmpoliの “La Nativa”(1618)などがある。また、14世紀のフレスコは修復が行われ、明るさがもどっている。その時のものか修復のストラッポにより、シノーピア(フレスコ制作時の下絵)も見ることができる。

ルネッサンス時に活躍した「フィリッピーノ・リッピがこの場所に埋葬された」というパネルが教会の外に貼ってある。しかし、内部に「ここが墓」というものはない。ジョルジョ・ヴァサーリの言葉も一緒に書かれている。

20180720_yuasa09

20180720_yuasa10

20180720_yuasa11

20180720_yuasa12

学生生活

20180720_yuasa13

「カメオのお店」 “CAMEO FACTORY”
住所:Borgo Santi Apostoli, 4/red, 50123, Firenze
帰国まで残り1週間。お土産を買わなくてはなりません。
母からブローチのリクエストがあったので、店内が工房になって制作しているお店を見つけて購入。コピー商品ではないので、一点一点が違う。また、手彫り。レーザーのものは教えてくれる。ポンテ・ヴェッキオに比べて比較的良心的なお値段。

20180720_yuasa14

20180720_yuasa15

「版画のお店」— “ Il Tamalino Stampe d’Arte ”
住所:Via del Moro 46R, 50123 Firenze
修復工房へいく途中でいつも通っていた道にあって気になっていた。現存作家の版画を展示と販売している。アットホームなお店。街中の道で売っているものより良くて良心的お値段。銅版画に後で着彩したものを購入。ちゃんと技法についての解説書も日本語とイタリア語で付けてくれた。お土産と伝えると、ちゃんと専用ケースに入れてくれる。53ユーロと12ユーロの作品を購入。

20180720_yuasa16

20180720_yuasa17


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Interior Design vol.23 – One Year 2018 (r.s)

image #1-12: We have been to the farmacia Santa Maria Nove…
Language:   Reporter: Rie SHIRAYANAGI
Course: Interior Design

Read more

Jewelry Design vol.24 – One Year 2018 (a.l.y)

We studied more on the side view of pearl earrings and als…
Language:   Reporter: Ashley Li Ye
Course: Jewelry

Read more

Furniture Design vol.20 – Master Course 2018 (s.s)

On today’s class, I showed my teacher the progress that I …
Language:   Reporter: Sophia SANCEZ
Course: Interior Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY

    eduitalia