Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Hiromi YUASA
Reporter
Hiromi YUASA

Nationality: Japan
Course: Painting and Drawing
Program: Master Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


イタリアの祭壇画で使用されている黄金背景テンペラを学ぶためにフィレンツェに来ました。フィレンツェは街自体が美術館で、またルネッサンス発祥の地でもあるため、学ぶべき、見るべきオリジナルの作品がすぐ近くにあるので本当に素晴らしいです。こちらに来て4ヶ月目になりますが、たくさんの美術館や教会に行きました。またフィレンツェはイタリアの中央に位置しているため、違う都市へのアクセスもよく、すでにヴェネチア、シエナ、ルッカなど様々な都市に美術品を見に行きました。フェレンツェは職人の街で、古くからの手仕事を大切にしている所が大好きです。
日本ではアニミズムをテーマに作品を描いており、今回学ぶ技法を自分の作品に生かしたいと思っています。

May. 18, 2019 | Posted in Blog, Painting and Drawing , | Tags:, | Language:
Reporter: Hiromi YUASA | Course: Painting and Drawing

Painting-Drawing 20-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Pittura

20180608_yuasa01
Gantile da Fabriano, “Adorazione dei Mag”の部分模写。先週に引き続き、下絵制作し今週完成させた。

20180608_yuasa02
Spolveroで下絵を転写する為に輪郭に沿って穴を開ける作業を開始したが、今回は装飾部分が細く、穴がありすぎて転写しても分かりにくく難しいと感じた為、違う方法を考えることにした。

20180608_yuasa03
箔を貼る部分が多く、Incisioneという装飾作業が沢山必要であることも確認。この作業の必要な部分をチェックする。(03)手順を考えながら制作していくことが重要な作品である。

授業2 Restauro

20180608_yuasa04
【Reliquiariなどの金箔作品の修復】
今週は先週に引き続き、聖遺物箱[Reliquiari]の修復。”Livellare”という作業。欠けている箇所に前回Stuccoを置いた。そこをヤスリやメスを使って元の部分と高さを揃えてならす。とても慎重な作業で、全部は終了しなかった。終わった部分は、金箔をこの後の作業で貼るので、先ずはものすごく薄い黄色のBoloを塗った。

20180608_yuasa05
【木製のキリスト磔刑像の金箔部分の修復】
木彫のキリスト像の腰巻部分が、昔、何らかの理由で茶色く塗りつぶされていた。多分禿げたところと金が残るところがあるとみすぼらしいので、全部boloと同じ色で隠したのであろうと判断。この茶褐色の色を外す作業を行う。

20180608_yuasa06
通常より強い薬を調合して作り、それで少しずつ除去を行った。また、この木彫の場合は欠けた部分の補修にはStuccoではなく、木の成分に近い別のパテを使用していたので、そのレクチャーも受けた。どの作業もとても根気のいる仕事である。

Art Vist
Art Vistの授業。6月8日は “Palazzo Strozzi” ストロッツィ宮殿と“Via de’ Tornaboni” トルナブォーニ通りの建築について。
現在この通りは、高級ブランドショップが軒を連ねる通りであるが、15世紀頃からの歴史的な建物がサンタ・トリニタ橋までに残る通りである。現在、ドレスショップ(Degaia)が入っている建物は外観の階と階の間に“Fregio”フレージョと呼ばれる装飾フレスコ画が残るRondinelliロンディネッリ家のものであった建物。トレッビオ通りを挟んだ隣は、1461 年に建築家ジュリアーノ・デ・マイアーノが設計したとされる”Palazzo Antinori”アンティノーリ宮。当初の依頼主は倒産して、一旦ロレンツォ・デ・メディチが購入。その後1506年にアンティノーリ家が購入して現在もその子孫が管理している。現在MaxMaraやTODSが入っている建物は”Palazzo Tornabuoni”トルナブォーニ宮殿。レストランへと抜ける中庭への入り口廊下はLa volta a botteというルネッサンス典型の天井である。どの建物にも家の紋章が建物の正面や角付いており、誰のものかがわかる。角についているものはその一区画全てがその家のものであることが多いらしい。トルナブォーニ宮殿の隣がルネッサンス様式のPalazzo Storozziである。現在は企画展などを行う博物館として利用されている。ストロッツィ家は商業や銀行業で成功したメディチ家と対抗していた商家。対抗心かこの区画に建っていた多くの建物を購入して、潰して宮殿を建設。ヴァザーリはヴェネデット・ダ・マイアーノによる設計としているが、ジュリアーノ・ダ・サンガッロによる。3階はイル・クロナカ。ピエトラ・セレーナと言われる石で作られた外観は、1階、2階、3階へ向かうにつれ粗削りから天国に近いほうへと洗練されていくデザイン構造。正方形で一階は中庭と回廊とアーチの柱のある壁のない吹き抜けになっている。この時代貴族は2階に住んでいて、市民とは基本的に接触しなかった為2階は壁があり、3階は中庭を見ることができるように壁のない回廊になっている。この時代の典型的な構造。メディチ・リカルディ宮殿や、ピッティ宮殿と似ている。
使用人は地下にいるように設計され、台所は以前、最上階に作られることが多かったがここではメインは地下にあるとか、大切な雨水を貯めて使えるようにしていたとか、他にも逸話とか様々な解説を聞くことができて勉強になった。500年も前の建物を普通に現在でもお店として使用している点などがイタリアらしいと思った。

20180608_yuasa07

20180608_yuasa08

20180608_yuasa09


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Ceramics vol.4 (Summer 2019 – taeko)

カステッロ邸とペトライアの別荘へ。 工房の近くにあるメディチ家の邸宅と別荘見学へ。『動物のグロッタ』に入りたくてツ…
Language:   Reporter: Taeko MATSUMOTO
Course: Ceramics

Read more

Jewelry Design vol.20 (One-year 2019 – Xiao)

1-2 和老师一起阅读一些时尚杂志。学习如何做情绪板,并将之运用到时尚珠宝设计之中。学习如何如何进行拓展设计。 R…
Language:   Reporter: Xiao Wangyue
Course: Jewelry

Read more

Jewelry Design vol.19 (One-year 2019 – Xiao)

1-4 老师介绍了一个简约设计著称的珠宝品牌,对照它的品牌产品册,进行临摹练习。尤其注意珠宝素描的高光阴影表现。 …
Language:   Reporter: Xiao Wangyue
Course: Jewelry

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
Competition2020
Italian Language Plus course
    eduitalia

    Alumni Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger