Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Hiromi YUASA
Reporter
Hiromi YUASA

Nationality: Japan
Course: Painting and Drawing
Program: Master Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


イタリアの祭壇画で使用されている黄金背景テンペラを学ぶためにフィレンツェに来ました。フィレンツェは街自体が美術館で、またルネッサンス発祥の地でもあるため、学ぶべき、見るべきオリジナルの作品がすぐ近くにあるので本当に素晴らしいです。こちらに来て4ヶ月目になりますが、たくさんの美術館や教会に行きました。またフィレンツェはイタリアの中央に位置しているため、違う都市へのアクセスもよく、すでにヴェネチア、シエナ、ルッカなど様々な都市に美術品を見に行きました。フェレンツェは職人の街で、古くからの手仕事を大切にしている所が大好きです。
日本ではアニミズムをテーマに作品を描いており、今回学ぶ技法を自分の作品に生かしたいと思っています。

Apr. 13, 2019 | Posted in Blog, Painting and Drawing , | Tags:, | Language:
Reporter: Hiromi YUASA | Course: Painting and Drawing

Painting-Drawing 16-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Painting
5月からRestauro (修復)の授業が入るため、pittura(絵画)の授業が週1となり減りました。今週は、相変わらず黄金背景テンペラのロレンツォ・モナコの作品模写で仕上げです。背景部分や、色のおかしいところを、金箔と描画部の栄目などを整えていきました。とりあえず、この模写は終了しました。しかし、仕上げのワックスをかける方法も習いに来ているので、今週はやり方を聞き、必要な道具を先生に確認しました。来週はそれを行い、次の作品に移る予定です。
同じクラスに水彩とペン画を習いに来ている方がいて、今週、授業が最後で帰国しました。ペン画はあまり日本では行わないので、先生のデモンストレーションに見入りました。他の学生の作業ですが、私も見ていて勉強になりました。最後にクラスメートと先生と写真を記念にと撮りました。

20180511_yuasa01

20180511_yuasa02

授業2 Restauro
“Restauro”修復の工房での実習授業。
【金箔の貼り方についての実習】先週、様々な金箔の貼り方の説明を受けました。今週からそれらのテストピースを作ることで実践します。金箔を貼る前には多くの下準備が必要です。今週はAmmannitura前膠や先週作ったStuccoを何層も塗る下準備を行いました。

20180511_yuasa03

20180511_yuasa04

20180511_yuasa05

20180511_yuasa06

また、Duratura a Gurzzoという古いやり方とは別にMissoneという現代のやり方も実践。この場合、偽の金箔、つまり真鍮箔と偽の銀箔で行いました。以前、本金の金箔は箔刷毛で運びましたが、今回はコットンを使って行い、そのやり方の違いも学びました。

20180511_yuasa07

20180511_yuasa08

【木材部分も修復】 Duraturaの古い作品は大方、支持体がTavola板です。なので修復の場合、木材部分の修復も関係してきます。それを学ぶために、幾つかの木材の修復を学びます。今回は、15世紀のキリスト磔刑の彫刻。素材は木材で、腰布の部分に今回学ぶDuraturaの技法が使われています。肌の部分などの着彩は17世紀に行われたものとか。
500年も経っているので、虫食いによる被害が多く見られ、1~2mmの穴が数え切れないほどありました。まずはその小さな穴一つ一つに殺虫剤の役割としての薬品を注射器で注入していき、その後さらに虫食いで弱くなった部分を強くする薬品を注いでいきました。緻密な作業ですが楽しいです。

20180511_yuasa09

20180511_yuasa10

Art Vist
毎週金曜日のArt Vistの授業。5月4日は “Casa Buonarroti”“ブオナッローティの家”1508年にミケランジェロが購入し、1516年から1525年の間住んでいた家で、その後彼の甥がフレスコ画などの内装を施し、甥の子供たちが現在の形に完成させた家。現在は博物館となっており、ミケランジェロ15歳頃の初期の作品「ケンタウロスの戦い」(1490-92写真11)や同じく15歳頃ロレンツォ豪華王の家で勉強していたころに制作された最初期の作品「階段の聖母」(1490-92写真12)のほか、スケッチ、塑造、設計図などが見られる。15歳の大理石による作品は天才としか思えませんでした。ミケランジェロのコレクションかわかりませんが、大理石などの石見本(写真14)などはじめ、1873年にシニョーリア広場にあったダビデがどのようにして現在あるアカデミア美術館に運ばれたかの模型(写真13)なども面白かったです。ギャラリーといわれる部屋には1613-35年にかけてミケランジェロの甥の子供、小ミケランジェロの注文によって建設、装飾された、偉大な先祖を讃える、ミケランジェロの生涯のエピソードを描いた油絵群、天井には様々な寓意に囲まれてミケランジェロの死とその神格化が描かれている。17世紀フィレンツェの重要なコレクションとなっている。

20180511_yuasa11

20180511_yuasa12

20180511_yuasa13

20180511_yuasa14

学校生活
毎月第一日曜日に開かれるアレッツォの骨董市にいきました。イタリア最大級とも言われるもので、旧市街一面の道や広場に市が立ちます。またジョルジョ・ヴァザーリの生誕地でもあり、彼の設計したグランデ広場のロッジャなども市場と共に見ることができました。
更にここは至るところが「ライフ・イズ・ビューティフル」の撮影地としても有名です。
市場では、1800年代に作られたイタリアの有名な一族を紹介する本に描かれた、家紋のページをバラで幾つか購入しました。印刷されたものに手書き彩色されたもので、一冊丸ごとは値段がつけられないとか。もうバラバラになってしまったものの一部を購入しました。金や銀を施してあったので勉強にもなります。また、金箔を貼る練習のためと、自分の作品を入れるため、額縁も安く購入しました。

20180511_yuasa15

20180511_yuasa16

20180511_yuasa17

市は旧市街あちこちに立っているため、周遊しながら教会にも立ち寄りました。サン・フランチェスコ教会ではピエロ・デッラ・フランチェスカの有名な「聖十字架伝説」のフレスコ画を、サン・ドメニコ教会ではチマブーエの「キリスト磔刑」を。旧市街の高台の公園からは美しい景色(写真21)を見ることもでき、とても良い1日でした。

20180511_yuasa18

20180511_yuasa19

20180511_yuasa20

20180511_yuasa21


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making 17-One Year Course 2018

新しい作品を制作しています。今回は先生に自分の作りたいものを提案する機会があったので、ピッティ宮殿の「大公たちの宝物…
Language:   Reporter: Tomoko TADAHIRA
Course: Jewelry

Read more

Painting-Drawing 17-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Painting 今週はロレンツォ・モナコの模写の仕上げとしてワックスの塗り方などを教わりました。それから…
Language:   Reporter: Hiromi YUASA
Course: Painting and Drawing

Read more

Interior Design vol.13 – One Year 2018 (r.s)

Image #1: This Friday, we have explored the centro of Firenz…
Language:   Reporter: Rie SHIRAYANAGI
Course: Interior Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course
Competition2019

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery