Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Hiromi YUASA
Reporter
Hiromi YUASA

Nationality: Japan
Course: Painting and Drawing
Program: Master Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


イタリアの祭壇画で使用されている黄金背景テンペラを学ぶためにフィレンツェに来ました。フィレンツェは街自体が美術館で、またルネッサンス発祥の地でもあるため、学ぶべき、見るべきオリジナルの作品がすぐ近くにあるので本当に素晴らしいです。こちらに来て4ヶ月目になりますが、たくさんの美術館や教会に行きました。またフィレンツェはイタリアの中央に位置しているため、違う都市へのアクセスもよく、すでにヴェネチア、シエナ、ルッカなど様々な都市に美術品を見に行きました。フェレンツェは職人の街で、古くからの手仕事を大切にしている所が大好きです。
日本ではアニミズムをテーマに作品を描いており、今回学ぶ技法を自分の作品に生かしたいと思っています。

Nov. 16, 2018 | Posted in Blog, Painting and Drawing , | Tags:, | Language:
Reporter: Hiromi YUASA | Course: Painting and Drawing

Painting-Drawing 11-Master Course 2018 (Student2)

授業1 Painting
1ヶ月間人物モデルのため、一時中断していましたが、今日から黄金背景テンペラのロレンツォ・モナコの作品模写の続きを開始しました。まだ、テンペラの描写部分が終わっていないのでその続きです。金箔部分に早く取り掛かりたいです。

20180406_yuasa01

授業2 Painting
“ Inganna l’occhio” (だまし絵)による壁画装飾のテクニックを学ぶ授業(毎週木曜日)。
先週、一箇所を仕上げたので、今回から新しい場所に制作を開始しました。家でモチーフを考え、組み下絵を準備しました。スーパーでワイン(3.4ユーロ)ぶどう(2.8ユーロ)パン(34セント)などを購入。下絵を作成して、壁にSpolveroという方法で転写するために針で輪郭線に穴を開けて、転写。彩色に一気に入りました。4月末に全体の壁画完成を目指すために皆な一生懸命です。

20180406_yuasa02
自宅でのモチーフ組み

20180406_yuasa03
下絵への穴あけ作業

20180406_yuasa04
授業風景

20180406_yuasa05
制作途中

Art Visit
毎週金曜日のArt Visitの授業。今回はSanta Maria Maggiore Church。 学校から直ぐ近くで徒歩2分程度のところにあります。
11世紀以前に創立された市内最古の教会の中の一つ。13世紀後半にゴシック様式で再建。3廊式で、礼拝堂にはビザンチン様式のイコンの聖母子像の作品がありました。ルネサンスやゴシック期の前のタイプの祭壇画なので古い証だと思いました。また、館内には17世紀のバロックの絵画や、マニエリズムのポントルモ派の絵画もあり、古いものでは13世紀のジョット派の壁画もありました。柱の壁画はポンペイなのでよく知られるエンコースティックというフレスコ画に蝋を使用する方法で描かれた作品と聞き、珍しいと思いました。漆喰で後輪などを盛り上げて、金箔を使用したりと興味深かったです。

20180406_yuasa06

20180406_yuasa07

学校生活
イタリアの第一日曜日はほとんどの美術館、博物館が無料の日。4月1日はピッティ宮殿とバルジェッロ美術館に行きました。
ピッティ宮殿はブルネレスキ設計で、施設は2階にパラティーナ絵画館、3階に近代博物館、メディチの夏の居室だった場所に銀器博物館、コジモ1世の依頼により設計され始め、19世紀に完成したイタリア式庭園のボーボリ庭園などあります。銀行家で財を成したピッティ家によって建てられたが、没落後、メディチ家が買い取り住居とし、メディチ家衰退後もロレーヌ家の住居、イタリア統一後は1865年から1870年の短い間フィレンツェが首都となった時期に国王ヴットリア・エマヌエーレ2世の王宮となったすごい宮殿です。
昼食のため、一旦宮殿の外に出ようと思ったのですが、入場に長蛇の列があったので、少し高いですがピッティ宮殿内のカフェで軽食を取り、続きを観て回りました。朝9:30に来た時は並ばずに入れましたが、その後はウフィッツィ美術館から流れてきたお客で長蛇の列でした。無料の日は回り方を注意です!

バルジェッロ美術館は1255年に人民長官の館として創設されたもので、のちに市長や司法執政官が住み、1574年にバルジェッロという警察長官の居館となってからこの名になりました。洗礼堂の有名な“天国の門”を創るときに行われたコンペの最終審査作品、ギベルティとブルネレスキの作品もあります。ドナッテッロやジャン・ボローニャ、ヴェロッキオなどルネッサンスを代表する彫刻家の作品群が沢山あります。ジョット派のフレスコ画やグロテスクの黄金背景テンペラ作品など思いもしなかった絵画もあったので楽しかったです。

20180406_yuasa08
パラティーナ絵画館

20180406_yuasa09
銀器博物館

20180406_yuasa10
ボーボリ庭園からの眺望

20180406_yuasa11
ピッティ宮殿内のカフェ

20180406_yuasa12
入場待ちの長蛇の列

20180406_yuasa13
バルジェッロ美術館

20180406_yuasa14
ギベルティとブルネレスキの“イサクの犠牲”をテーマにしたコンペの作品。

Pasqua
4月1日はPasquaの日でした。Pasquaはキリストの復活の日のことらしいです。イースターです。街中ではルネッサンス期の衣装を着た人のパレードが行われていました。シニョーリア広場に集まり、ここからまたパレードの開始。鼓笛隊や、槍部隊、女性の人はドレス姿などでパレード。子供達も参加しておりフィレンツェの旗を持って踊ったりしていました。この日しか見ることができないので見ることができて良かったです。

20180406_yuasa146

20180406_yuasa17

20180406_yuasa15


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Design vol.17 – One Year 2018 (a.l.y)

For this week we move on to drawing of rings in perspectiv…
Language:   Reporter: Ashley Li Ye
Course: Jewelry

Read more

Jewelry Making 20-One Year Course 2018

前回の続きです。6角形の蜂の巣状に糸鋸で削っていく作業が終わりました。隣同士との間隔がなるべく違わないように気をつけ…
Language:   Reporter: Tomoko TADAHIRA
Course: Jewelry

Read more

Jewelry Design vol.16 – One Year 2018 (a.l.y)

We start our journey with rendering jewellery with waterco…
Language:   Reporter: Ashley Li Ye
Course: Jewelry

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course
Competition2020

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery