Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Yumi HAYASHI
Reporter
Yumi HAYASHI

Nationality: Japan
Course: Jewerly Making
Program: Summer Course
Period: July. 30,2016- Sept. 3, 2016


I am a student of Kansai university which is located in Osaka and I’m majoring commerce there.Graduating from my high school,I really wanted to enter a professional school to be a jewelrer though,instead, I chose the way to go to a university.But I had never give up my dream.
I have came to like jewerly since I was very young.Since my father bought a little piece of crystal for me,I started to collect jem stones.Now I really want to make my stones into jewelries because they will look more precious than being just by themselves.I believe that all beautiful things would make people happy.Also,I’m super delighted if I could succeded in making someone’s smile by my handmade.

私は大阪にある関西大学の学生で、専攻は商学です。高校を卒業した後の進路としてジュエリー製作の専門学校に行きたかったのですが、結局大学に進学することにしましたが、それでもなお、ジュエラー(ジュエリー職人)になることをあきらめませんでした。
私がジュエリーを好きになったのは本当に幼いころです。小さな水晶のカケラを父が私に買ってくれたときから、私の宝石集めは始まりました。今では、集めたコレクションをジュエリーにしたいと思っています。宝石そのものを持つよりもジュエリーにしたほうが、さらに美しいと思うからです。綺麗なものは、なんでも、人を幸せにすると信じています。私が作ったジュエリーで誰かを笑顔にできたら本当に嬉しいです。

Sep. 23, 2016 | Posted in Jewelry, Top Stories , | Tags:, | Language:
Reporter: Yumi HAYASHI | Course: Jewelry

Jewerly Making 4-Summer Course 2016

初めてのイタリアは、また戻ってきたいと思える場所になりました

Yumi HAYASHI_20160902_01
最終週に製作したペアーのイヤリングです。とりあえず円を並べてみよう!と、後先考えずに作った作品ですが、しっくりきてとても気に入っています。形がシックで大人びていたので、あえてポリッシュ(表面をみがいて艶々の光沢を出す工程)せずにマットな感じを残しました。

Yumi HAYASHI_20160902_02
リベットという技術を練習するために製作したものです。蝶々の部分が左右に動きます。この作品でむずかしかったのは、蝶の形をデザインするところからはじまりました。フィレンツェでは蝶のモチーフがたくさんあるのでインスピレーションを得るには困りませんが、自分の好みの形にデザイン化することに苦労しました。

Yumi HAYASHI_20160902_03
アカデミアリアチにグラフィックデザイン専攻で来ていた高校生の女の子です。この写真は、博物館をいっしょに見学しているときに撮りました。イタリアでは、ほとんどの美術館や博物館で写真を撮影することが禁止されていないので気が楽でした。彼女と話していて、自分より若い子が頑張っているのだから、私も残りの毎日にベストを尽くそう!と思えました。

Yumi HAYASHI_20160902_04
ジュエリーメイキングクラスの先生ジョーイとの授業中の一コマです。彼女は夏季限定の先生ですが、たよりがいと思いやりの心があってとても大好きな先生です。イタリアに来ているのにイタリア語が話せないので苦労すると覚悟していましたが、幸い彼女はアメリカ出身なので、英語でダイレクトに意思の疎通がとれたので仲良くなれました。

Yumi HAYASHI_20160902_05
同じクラスの女性の製作途中の風景です。彼女はお仕事でジュエリーデザインをされている方で、学校には新しい技術を習得されに来ていました。初心者だった私とは違って仕事でジュエリーをされているので、知識量や授業に対するモチベーションがとても高く、私も彼女に負けないようベストを尽くそうと思えました。

Yumi HAYASHI_20160902_06
フィレンツェにあるナイトプールの全体の写真です。フィレンツェの中心街から徒歩15分程度離れたところにあるこのプールは、観光客にはあまり知られていない穴場スポットです。併設されたDJ付きのバーもあり、今後イタリアに長期滞在する際はぜひ現地の友達と遊びに行こうと思います。

Yumi HAYASHI_20160902_07
フィレンツェの街中の建物です。このように、2つの建物が橋によってつながっている風景をみることがイタリアでは少なくありません。ジブリの「ハウルの動く城」のなかで見たような風景を間近で見られて、まるで映画の中にいるような気分にひたれるのが、この街に住んでいて幸せだなあと思える瞬間です。

Yumi HAYASHI_20160902_08
学校から歩いて3分ほどの、ほど近い距離になるローカルレストランの牛肉の焼いたものです。日本で食べると高級な料理ですが、ここではお肉が安いので、外食してもそれほど高いものではありません。イタリアらしくシンプルに、オリーブオイルと添えてあるレモンをかけてさっぱりといただきました。ボーノ!

Yumi HAYASHI_20160902_09
先生がファイリング(作品の表面を削ってならす工程)をチェックしてくれている風景です。この工程はジュエリーメイキングにおいて基礎にあたるものですが、これがうまくできていないと後々の作品の出来に大きく響きます。ジュエリーメイキングは忍耐が必要な作業ですが、この基礎がしっかりしているのといないのとでは、長年続けていく中で大きく差が生まれます。

Yumi HAYASHI_20160902_10
フィレンツェの中心街からすこし離れたところにある、夜店が立ち並ぶ通りでの一コマ。たくさんの人たちがステージ上で陽気に踊っています。型にはまらず、みんな好きなように踊っていて楽しそうでした。アモーレ・カンターレ・マンジャーレ(愛して、歌って、食べて)、イタリアの格言を肌で感じた夜でした。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Internship 19-Internship Course 2016

先日ジュエリーコースの学生さんの、作品イメージ撮りをしてきました。 作品だけの写真は以前に撮影しましたが、今回は靴コー…
Language:   Reporter: Emi Ota
Course: Internship

Read more

Painting Restoration 51-Internship Course 2015-2017

聖母子を描いた板絵の修復に入ります。まず、ひび割れて窪んでいるところに石膏の詰め物をし、平に削っていきます。 欠損は少…
Language:   Reporter: Eri Hosokawa
Course: Restoration of Paintings

Read more

Graphic Design 14-One Year Course 2017

今まで行って来た課題の最終工程です。今回はこれまで作って来たデザインをPhotoshopを使ってMock-up作業を…
Language:   Reporter: Misa YOSHIDA
Course: Graphic Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more


TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy

Online Counseling With Skype
Call me!-Accademia Riaci Skype Chat-Accademia Riaci Skype

» Get Skype! (FREE CALL)


Competition2017