Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Mariko KATO

Nationality: Japanese
Course: Jewelry Making
Program: Summer Course
Period: Jul. 15, 2019 - Sep. 1, 2019


私は日本の美術大学で絵画を専攻した後、ジュエリーデザイナーとして会社で働いています。
日本のジュエリーメーカーは基本的に分業制が多い為、デザインと製作指示までが私の仕事でメイキングに関する経験はほとんどありませんでした。
よりジュエリー全般に対する知識と経験を深め、普段の生活とは違った環境の中で自分の創造性を高めたいと感じフィレンツェに来ることを決めました。

Nov. 09, 2019 | Posted in Jewelry, Blog , | Tags:, | Language:
Reporter: Mariko KATO | Course: Jewelry

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

Jewelry Making blog
◼️9日間の夏休みが終わりました!!
近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日でした。
この時期は街中の人がヴァカンスに出かけてしまい、8月中旬はフィレンツェ市内もほとんどのお店が閉まってしまいます。

Jewelry Making blog
◼️工房では新しい課題に入っていきます。
フィレンツェのシンボルでもあるライオンを先生が彫った木彫のお手本を見ながらソフトWAXで模刻します。
前回の青いハードWAXと違い、粘土のように手で捏ねて成形することができます。
細かい部分はスパチュラを使い、360度どこから見ても美しい均整の取れたフォルムを意識しながら作っていきます。
さらにポイントになるディテールを少し硬めのWAXをつけてペンで造り込みます。
こちらもなかなか先生のOKが出ず、根気よく微調整を重ねていきました。

Jewelry Making blog
◼️一昨日作ったソフトWAXのライオンをシリコンで型取りしました。
一度このシリコンの型を作ると、WAXを流し込むことで同じ形を量産することができます!

Jewelry Making blog
◼️機械から一気にWAXを流し込むこともできますが、シリコン型の凹凸に沿って手で少しずつWAXを溶かして流し入れる方がより綺麗に型取りできます。
両方の手法を試してライオンを量産してみました。

Jewelry Making blog
◼️手で少しずつ流し込んだ方が耳などの細部が綺麗に型取りできたので、そちらを使って仕上げていきます。

Jewelry Making blog
◼️今週のカルチャービジットは隣町のプラートでした。…が、やはり8月後半はまだヴァカンス時期のようで、お店はほとんど閉まっていました。
フィレンツェ中心部は徐々に人が戻ってきています。お気に入りのパスティッチェリアで一息!


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

◼️9日間の夏休みが終わりました!! 近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日で…
Language:   Reporter: Mariko KATO
Course: Jewelry

Read more

Furniture Making vol.11 (One-year 2019 – Jioh)

Another engraving method. As I have used the handed blades…
Language:   Reporter: Jioh Kang
Course: Furniture Making and Restoration

Read more

Painting Drawing vol.16 (One-year 2019 – Kristin)

Something New This week has been a huge come-down of ener…
Language:   Reporter: Kristin FIORVANTI
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger