Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Ai MARUYAMA

Nationality: Japanese
Course: Jewelry Making
Program: Atelier One Year Course
Period: Sep. 3, 2018 - Apr. 26, 2019


日本では大学で日本画を学び、平面の創作活動を中心にしてきました。今回ジュエリー制作を始めるきっかけになったのは、平面の作品を作ってきた中で立体作品にも興味を持ったからです。また、金属という素材には昔から魅力を感じており、芸術の本場であるフィレンツェという環境のなかで刺激的に創作活動をするために留学を決めました。ジュエリー制作では、自分の表現したいものや、自分が作ったものが多くの人に手に取ってもらえるよう追い求めていきたいと考えています。

Jan. 24, 2019 | Posted in Jewelry, Blog , | Tags:, | Language:
Reporter: Ai MARUYAMA | Course: Jewelry

Jewelry making vol.2 – Atelier One Year 2018 (a.m)

ジュエリー制作の授業には2種類あり、今回はINCIZIONEと言われる主に「彫り」をメインとした授業を紹介していこうと思います。

まずは買った道具を自分の手に馴染むように作っていきます。私の手は他人よりかなり小さいので、先生が私の手のサイズに合わせて彫刻刀の柄の部分をカットし長さを調節しました。(Pic1)そのあと、取っ手に金槌で押し込め(Pic2)、取っ手が転がらない様に底面をカットしています。今回作っている道具は細かい線をたくさん入れるもので、Pic3の長い方が完成形になります。自分専用の道具が出来上がるとわくわくしてきます。

Jewelry making blog

Jewelry making blog

Jewelry making blog

今回使う彫刻刀のために、最初に葉っぱの形に彫りを入れます。葉の模様をそれぞれ入れるのですが、一つはSETATURAと呼ばれるストレートに刃をいれ、交差させる技法(Pic6左)と、もう一つの方にZIGRINATURAと呼ばれるSETATURAよりも刃をギザギザに入れる技法(Pic6右)を施しました。どちらも力加減が難しく、なかなかいうことを聞いてくれませんでした。しかしとても面白く、特にZIGRINATURAがお気に入りです。

Jewelry making blog

Jewelry making blog

Jewelry making blog

毎週金曜日にはArt Visitという他コースの生徒と一緒にフィレンツェの芸術を見る時間があります。今回は街の中にあるメディチ家ゆかりの場所を巡りました。フィレンツェに来てからもう数か月たちますが、知らなかったことがたくさんあり、いつも自分が歩いて目にしていた建物が重要なものであったりびっくりすることの連続でした。フィレンツェの街や文化が作られていく歴史を聞きながら見る街はいつもと違い、とても新鮮です。ガイドをしてくれる先生のご厚意で教会のみではなく、街の中などいろいろなところを案内してくれるみたいなのでこれからどんな場所に行けるのか楽しみです。

Jewelry making blog

Jewelry making blog

Jewelry making blog

Jewelry making blog


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Design vol.9 – One Year 2018 (a.l.y)

The most interesting part of the course is rendering. At A…
Language:   Reporter: Ashley Li Ye
Course: Jewelry

Read more

Interior Design vol.8 – One Year 2018 (r.s)

Image #1 Image #2 Image #1-2: I have started to draw…
Language:   Reporter: Rie SHIRAYANAGI
Course: Interior Design

Read more

Jewelry Making vol.9 – Master Course 2018 (k.m)

My first Buccellati ring almost complete! My first Bu…
Language:   Reporter: Kelsey MERKELY
Course: Jewelry

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course
Competition2019

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery