Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Ai MARUYAMA

Nationality: Japanese
Course: Jewelry Making
Program: Atelier One Year Course
Period: Sep. 3, 2018 - Apr. 26, 2019

日本では大学で日本画を学び、平面の創作活動を中心にしてきました。今回ジュエリー制作を始めるきっかけになったのは、平面の作品を作ってきた中で立体作品にも興味を持ったからです。また、金属という素材には昔から魅力を感じており、芸術の本場であるフィレンツェという環境のなかで刺激的に創作活動をするために留学を決めました。ジュエリー制作では、自分の表現したいものや、自分が作ったものが多くの人に手に取ってもらえるよう追い求めていきたいと考えています。

Mar. 29, 2019 | Posted in Jewelry Making, Blog , | Tags:, | Language:
Reporter: Ai MARUYAMA | Course: Jewelry Making

Jewelry making vol.12 – Atelier One Year 2018 (a.m)

Jewelry making blog
Pic1

Pic1 今週はウフィツィ美術館に行ってきました。フィレンツェでは毎月第一日曜日は国立の美術館が無料開放しているので、ローシーズンということもあり行ってみることにしました。朝早く行ったので比較的人も少なく、ゆっくり鑑賞することが出来ました。

Pic2-4 ウフィツィ美術館の中でも目玉であるボッティチェリのヴィーナスの誕生とプリマヴェーラです。 この2枚の絵はとても近くに配置されていて、同時に楽しむことが出来ました。今まで画集や教科書でしかみたことのない絵だったので、オリジナルが見られて感動しました。オリジナルの方がやはり色味もよく、見に来た甲斐があります。Pic4は石を掘って作られたヴィーナスの誕生なのですが、こういう細工はフィレンツェが盛んだったようです。

Jewelry making blog
Pic2

Jewelry making blog
Pic3

Jewelry making blog
Pic4

Jewelry making blog
Pic5 ダヴィンチの受胎告知です。宗教画はあまり詳しくはないのですが、この受胎告知はとても存在感があり、圧倒的でした。この絵画も素晴らしかったのですが、ウフィツィ美術館には他の人が描いた受胎告知もたくさん所蔵されており、それぞれの違いを楽しむことが出来ました。

Jewelry making blog
Pic6 個人的にみられて本当にうれしかったのはこのラオコーンです。彫刻作品として素晴らしいものなのですが、やはり日本で受験時代にかなりお世話になった石膏像でもあります。石膏像としてではなく、オリジナルで、カットされているわけでもない状態で見られて感動しました。

Jewelry making blog
Pic7

Pic7 ティツィアーノのウルビーノのヴィーナスです。こちらも大変有名な絵だったので見られてよかったです。私が思っていたよりもさらっと展示されていたのがびっくりしました。ヴィーナスのゆったりとした体のラインや肉感が素晴らしかったです。

Pic8-9 私がウフィツィ美術館のなかでもお目当てだったものの中にカラヴァッジョもありました。Pic9カラヴァッジョのヴァッカスを本で見かけたときから本当に大好きな作品だったので、今回見られてとても嬉しかったです。ルネサンスからバロックへの時代の移り変わりの頃の作品で、ヴァッカスのお酒の神としての色気、テーブルに乗っている葡萄のみずみずしさなど、とても繊細で美しかったです。Pic8のメデューサも存在感があり、見ごたえがありました。あまりに写実的で少々グロい絵もあるので、見るときにもしかしたら気合がいるかもしれません。

Jewelry making blog
Pic8

Jewelry making blog
Pic9

Pic10-11 おまけです。Pic10はとある有名な絵の一部で、絵画の奥の方にちらっと描いてあるんですがあまりにポーズが面白くって撮ってしまいました。Pic11はウフィツィ美術館の天井に描いてあるパターン絵の一部なのですが、写真下の鳥の頭が人の頭になっているのが若干の趣味の悪さを感じてとても気に入りました。このほかにも人の顔がちりばめられたパターンになっているので、もしウフィツィ美術館に行かれることがあれば壁にかかっている作品群だけでなく、天井まで目を向けてみることをおすすめします!

Jewelry making blog
Pic10

Jewelry making blog
Pic11


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Glass Art vol.7 (One-Year Course – Saki)

前回一面ずつのはんだ付けを終えたので今週からは組み立てに入る予定でしたが、持ち帰る時に運びづらいので今週からは組み方…
Language:   Reporter: Saki NAGAI
Course: Glass Art

Read more

Shoemaking vol.7 (One-Year Course – Yuki)

週末 土曜日は2回目のアート・ステイジがありました。今回のテーマは水彩画ということで、みんなでサンティッシマ・アヌ…
Language:   Reporter: Yuki SHIMOMURA
Course: Shoemaking

Read more

Fashion Design vol.7 (One-Year Course – Nina)

Monday Today I started my planning for the week at the Sa…
Language:   Reporter: Nina MOSTERT
Course: Fashion Design

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more