Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Tomoko TADAHIRA
Reporter
Tomoko TADAHIRA

Nationality: Japan
Course: Jewelry Making
Program: One-Year Course
Period: Jan. 15, 2018 - Jul. 27, 2018


日本でジュエリー制作を勉強し、石留という行程の仕事をしていましたが、自分の制作の幅をより一層広げていきたいと思い留学を決意しました。イタリアならではの技法や道具を学び、吸収し、ここにしかない日本とは違った様々なものを見ることによって自分の感性や創作意欲をより高め、自分の作品に生かしていくことを目標としています。
自分にしか作ることのできないジュエリーを作るための最初の一歩を、ここフィレンツェにて踏み出していきたいと思っています。

Nov. 16, 2018 | Posted in Jewelry, Blog , | Tags:, | Language:
Reporter: Tomoko TADAHIRA | Course: Jewelry

Jewelry Making 11-One Year Course 2018

20180406_tadahira01
前回の続きです。側面部分の彫りに取りかかりました。同じ柄を均等に一周彫っていくのは難しく、あまり綺麗にはできませんでした。反対側の側面部分にも、同じように彫りをしていくのですが、今度は均等に彫れるように慎重に行いたいと思います。

20180406_tadahira02
前回の続きです。上下パーツとリング部分のロウ付けが終わりました。先生には大丈夫だと言われましたが、トップが少しずれて付いてしまった気もします。この後はリングの腕の部分を甲丸状にやすりで削り、完成に近づけていきます。

日曜日に友達たちとピッティ宮殿に行きました。その中で「Tesoro dei Granduchi」「Galleria Palatina」「Museo delle Porcellane」「Giardino Boboli」に行きました。「Tesoro dei Granduchi」と「Galleria Palatina」は今回で二回目ですが、前回見たときとは別の視点から見ることができて面白かったです。

20180406_tadahira03

20180406_tadahira04

20180406_tadahira05

ピッティ宮殿の「Museo delle Porcellane」と「Giardino Boboli」は今回初めて行きましたが、上からの景色が、天気もよかったおかげでとても素晴らしいものになりました。全部を回る時間がなかったのが残念ですが、次に行く機会がありましたら、端から端までゆっくりと歩いて見てみたいと思いました。

20180406_tadahira06

20180406_tadahira07

20180406_tadahira08
ピッティ宮殿の中のカフェに行きました。美術館の中ですので値段はそこそこしますが、カフェはそれなりに美味しかったです。この時は、ホットチョコレートに生クリームをのせた「Cioccolata Calda con Panna」を飲みました。

20180406_tadahira09
4月1日、ピッティ宮殿に行く前に、復活祭を祝うパレードを見かけました。仮装をした人々が音楽に合わせて歩いて行く姿を、フィレンツェのこの町並みの中で見られるのはなかなかすごい、ここだけでしかできない貴重な体験だな、と感じました。

20180406_tadahira10
イタリアはジェラートが有名ですが、そのほかにもこのようなアイスクリームもあります。このアイスは、ベースのアイスとその上をコーティングするチョコレートにトッピングを、自分で選ぶことができます。自分の好きなように選ぶことができるため、自分だけの組み合わせを考えて食べるのが少し楽しかったりします。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Painting-Drawing 27-Master Course 2017 (Student2)

This last week, the last one of all to finish the Master C…
Language:   Reporter: David DOMINGUEZ
Course: Painting and Drawing

Read more

Interior Design 28-Master Course 2017

デザインオフィスとのプロジェクトの最終プレゼンボードです。3Dを作って、色とマテリアル、家具配置の提案を行いました。…
Language:   Reporter: Yuri MIYAGI
Course: Interior Design

Read more

Painting-Drawing 3-One Year(semester) Course 2018

今週の日曜日にはアートステージのスケッチでFiesoleへ行きました。7番という乗った事もないバスに揺られて着いたの…
Language:   Reporter: Erika MAHMUD
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-MAIL
Via dei Conti 4
50123 Florence ITALY

Italian Language Plus course
Competition2019
Competition Winners

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery