Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Taeko MATSUMOTO

Nationality: Japanese
Course: Ceramics
Program: Summer Course
Period: Sep. 2, 2019 - Sep. 27, 2019


陶芸は日本の陶芸教室で3年ほど経験しています。彫刻的な立体作品を作っている時が一番好きです。いつも時間をかけて丁寧に作ろうとし過ぎてしまうので、イタリアの文化や人達に触れ、カラフルで大らかな作品を作れるようになりたいです。イタリアと日本の技法の違いや似ているところを学んで、自分の作品に合っているものを吸収して、今後の作品に繋げていきたいと思っています。イタリアで生活しながら陶芸に毎日集中できるのが楽しみです。

Nov. 01, 2019 | Posted in Blog, Ceramics , | Tags:, | Language:
Reporter: Taeko MATSUMOTO | Course: Ceramics

Ceramics vol.2 (Summer 2019 – taeko)

Ceramics blog
プチ送別会
フラットの子が明日イタリアを発つので、ご飯を作ってプチ送別会。フラットではこちらでの生活での注意点やポイントが情報交換しやすくて、結構助かっている。

ローズ庭園とミケランジェロ広場
サンミニアート門から入りミケランジェロ広場へ登る坂道の途中にあるローズ庭園に寄った。バラはあまりなかったけど、Jean-Michel Folonの彫刻が心地良く置かれていて、素敵な庭だった。

Ceramics blog

Ceramics blog

授業が16時からだったので、街を散策した。マジョリカ焼のカラフルな陶器がディスプレイされている店が多い。IL PAPIROという文房具屋さんに入ると店員さんがマーブル紙の実演をしてくれた。

Ceramics blog

Ceramics blog

授業
Lastra(板状のもの)を積み上げてバルボッティーナと呼ばれるドベを使って積み上げていく。マトリョーシカ的な形にしたくて、カーブの作り方を先生が実演してくれた。カーブのフォルムは少し難しいと言われたけど、意外に上手くできた。

Ceramics blog

Ceramics blog

型紙を作ってLastra(板状の粘土)で六角形の蓋ものを作った。Engobbio(化粧土、スリップウェア)で装飾。ステンシル的に紙を貼って下の赤土を出す。更に線で削って装飾。焼くと赤土と白化粧のコントラストになる。

Ceramics blog

Ceramics blog

Scultua(彫刻)
先に固まりで大まかな形を作って、フォルムが決まったら、半分に切って中を空洞にする。もしくは下から掘る。そして、再びくっつけて細かく成形していく技法。最後はEngobbioで細かく装飾した。

Ceramics blog

Ceramics blog

インド料理と送別会
インド人のクラスメイトが美味しいお店を教えてくれた。大学生の子が二週間コースを終えて帰るので、送別会にもなった。素直で楽しい作品を作っている彼女と一緒に授業を受けることができて楽しかった。

Ceramics blog

Ceramics blog


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

◼️9日間の夏休みが終わりました!! 近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日で…
Language:   Reporter: Mariko KATO
Course: Jewelry

Read more

Furniture Making vol.11 (One-year 2019 – Jioh)

Another engraving method. As I have used the handed blades…
Language:   Reporter: Jioh Kang
Course: Furniture Making and Restoration

Read more

Painting Drawing vol.16 (One-year 2019 – Kristin)

Something New This week has been a huge come-down of ener…
Language:   Reporter: Kristin FIORVANTI
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger