Students' report

Up-to-date report from one of our students!

Reporter
Taeko MATSUMOTO

Nationality: Japanese
Course: Ceramics
Program: Summer Course
Period: Sep. 2, 2019 - Sep. 27, 2019


陶芸は日本の陶芸教室で3年ほど経験しています。彫刻的な立体作品を作っている時が一番好きです。いつも時間をかけて丁寧に作ろうとし過ぎてしまうので、イタリアの文化や人達に触れ、カラフルで大らかな作品を作れるようになりたいです。イタリアと日本の技法の違いや似ているところを学んで、自分の作品に合っているものを吸収して、今後の作品に繋げていきたいと思っています。イタリアで生活しながら陶芸に毎日集中できるのが楽しみです。

Oct. 17, 2019 | Posted in Blog, Ceramics , | Tags:, | Language:
Reporter: Taeko MATSUMOTO | Course: Ceramics

Ceramics vol.1 (Summer 2019 – taeko)

Ceramics blog
夕方に同じフラットの子が帰って来て、近くのスーパーを案内してくれた。夜に高校生の料理コースの子が帰って来て料理を振舞ってくれた。明日の朝帰るので、初めましてとお別れ会になった。

Ceramics blog
工房で授業スタート。
授業が始まった日。フィレンツェ市内から少し離れた工房。GINORI(陶器メーカー)で栄えた街だと通訳さんが言っていた。GINORIのものではないと思うけど、工房の目の前に大きな煙突がある。

Ceramics blog
工房に入ると入り口に先生達の作った作品を展示販売している。この作品を見ればどんな作品がここで作れるのかイメージしやすいし、希望を伝えやすいと思った。工房は女の先生ばかりで広くて綺麗で使いやすそう。

Ceramics blog
最初はオリエンテーション的な感じで道具を使わず手だけで昔の人と同じように器を作りましょうと言われた。道具を使わないと子供みたいな気分で大らかな作品になった。

Ceramics blog
COLOMBINOの器作り
次の日はCOLOMBINOという石膏の型に紐と丸の粘土を繋げていく技法を希望した。以前から興味のあった技法をここで習えて良かった。繊細な造りなので、昨日とは違う荒めの赤土で作る。屋根とかレンガに使われる土。

Ceramics blog
大学生の女の子も同じ日にスタート。インドから来た女の子もいる。他の人が一緒に習ってると横で見ていても色々な発見があって面白い。

Ceramics blog
週末はベネチアへ。
友達がベネチアに来ていたので、会いに行った。Italoの電車で2時間ちょっと。ベネチアは美しくて、フィレンツェとはまた違う雰囲気が味わえた。

Ceramics blog
お祭り
フィレンツェ市内からフラットに帰るバスが急に道を変えたので急いで降りた。フラットの横の通りが通行止めでお祭りをしていた。子供達は提灯的なものを持って楽しそうだった。静かな街が賑やかになった。


Ask a question to this reporter

Comment

OTHER REPORT

Jewelry Making vol.5 (Summer 2019 – mariko)

◼️9日間の夏休みが終わりました!! 近隣の国を旅行したり、ローマやミラノまで足を伸ばしたりと盛りだくさんの毎日で…
Language:   Reporter: Mariko KATO
Course: Jewelry

Read more

Furniture Making vol.11 (One-year 2019 – Jioh)

Another engraving method. As I have used the handed blades…
Language:   Reporter: Jioh Kang
Course: Furniture Making and Restoration

Read more

Painting Drawing vol.16 (One-year 2019 – Kristin)

Something New This week has been a huge come-down of ener…
Language:   Reporter: Kristin FIORVANTI
Course: Painting and Drawing

Read more

more

CONTACT US

At Accademia Riaci, we are recruiting Course Reporters from our students. The students who are chosen to become Course Reporters are given 10 % of the tuition as their scholarship fee.
The Reporters who have submitted excellent reports will have his or her profile posted on our school website for the next 5 years as an alumnae and will be able to connect with their business chancesafter their graduation.

Read more

Apply Now
Contact Us
+39 055 289 831
accademiariaci@accademiariaci.info
Via dei Conti, 4
50123 Florence, ITALY
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger