NEWS and Blog

2014年03月13日 | Posted in カバン制作/カバンデザイン, ブログ, 革工芸科 | Tags:
2014年 3月3日 バッグ

革に彫刻をしていきます。いろいろな形の道具があるので、練習用の革で使ってみてどんな模様や効果が出るのか試してみます。その上で使いやすく、自分がイメージしているものに合う形のものを選びます。
同じ道具でも使い方によっては別の効果が出たりもしますし、どういう模様を入れるか、どんな彫り方にするかは作る人次第です。
今日は輪郭に切り込みを入れて、その淵の処理をします。


Bag Making class (March 3, 2014)

彫りに使う道具。これはほんの一部です。


Bag Making class (March 3, 2014)

様々な形の道具があるので、まずは使ってみます。Stefano先生が使い方をアドバイスします。


Bag Making class (March 3, 2014)

いろいろ使ってみて、どんな効果が出るか実際に見てみましょう。


Bag Making class (March 3, 2014)

十分に練習ができました。


Bag Making class (March 3, 2014)

ゾウの絵が下書きしてあるので、そのアウトラインに切り込みを入れます。


Bag Making class (March 3, 2014)

ゾウの部分が浮き出るよう、アウトラインの回りを叩いてへこませます。


 

イタリアで学ぶアート、デザイン留学 アカデミアリアチ

 

TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy
イタリア留学 スカイプカウンセリング

Call us!(日本語OK!)

Call me!-Accademia Riaci Skype: Chat-Accademia Riaci Skype:

» Get Skype! (FREE CALL)




コンペティション2017