キャンパスライフ

アカデミア・リアチ は、最初の校舎をVia de’ pecori の古く由緒ある宮殿に構えました。数年後校舎をフィレンツェの旧市街地の中央、サンロレンツオ教会とドゥオーモの間で、フィレンツエ駅から徒歩3分という交通の便のとても良い場所に移します。朝夕にサンロレンツォの鐘の音を聞き上階からはドゥオーモのクーポラが目前にのぞめます。

学校は実習に必要な道具、機具等の設備を備えており、校舎はゆったりと広く大変美しい15世紀の建物を使用しています。この建物はかつて王家所有のもので王妃の館として使われていました。

  • 学校周辺地図
  • フィレンツェについて

Map around Accademia Riaci

フィレンツェは、ルネサンス運動の発祥の地としてよく知られています。メディチ家の庇護の元、アーティストの庇護者や数多くのアーティストが生まれ、育ち、偉大な足跡を残していきました。フィレンツェの道を散策すると、誰でも素晴らしいルネサンスの香りを嗅ぐことができます。


View Larger Map

フィレンツェについて

起伏に富んだ山々や美しい海岸線。ブドウ畑やオリーブ畑が広がる穏やかな丘陵。絵に描いたような田園風景。古の時代から旅人を惹き付けてやまないトスカーナ州。この美しい景観を有するトスカーナ州の中心都市がフィレンツェです。
貴重な文化遺産があちこちに点在するフィレンツェの街中は、過去と現在が入り組み合い溶け合って、旅人は一瞬歴史の狭間に迷い込んだような錯覚に陥ることでしょう。

History of Florence

紀元前10~8世紀頃、イタリア人の祖先と言われる高い文明を有するエトルリア人がトスカーナに住み始めます。その後ローマ帝国、ゲルマン民族の支配をへて、11世紀頃にはトスカーナ有数の都市となります。フィレンツェでは早くもこの頃から芸術活動が盛んになり、13世紀後半頃からはチマーブエやジョット、ダンテといった後世に名を残す偉人たちが現れ始めます。

12世紀初めにフィレンツェは自治都市コムーネとなります。14世紀に入り、それまで絶対であった教会、教皇庁の権威が衰退していくなか、人々は中世的な神中心のあり方に疑問を抱き、人間中心の現実世界を謳歌しようとする気風が高まります。その結果、他に先駆けてこの地でルネッサンス運動が興り、無数の偉人・天才たちを輩出し、政治的にはメディチ家のリーダーシップのもとでフィレンツェは空前の平和と繁栄の時代を迎えます。

1494-1530フィレンツェは一時共和国という形態をとりますが、その後再びメディチ家が実権を握り、1570年にはコジモ1世がトスカーナ大公に任ぜられ、フィレンツェは第二の黄金時期を迎えます。しかしこれも長くは続かず1737年にメディチ家の家系が途絶えると、オーストリアのロレーヌ公爵家に地位が引き継がれることとなります。

1860年にイタリア全土で興ったリソルジメントにより、1861年にヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の治世のもと、初のイタリア統一が成されます。フィレンツェは1865年から5年間イタリアの首都としての機能も果たします。
しかしながら、統一後も誇り高いフィレンツェ人は、根強いカンパニリズモに支えられ、独自の文化と伝統を守り続けています。イタリアはどこでもそうですが、フィレンツェ人のお国自慢は殊の外有名で、ダンテと同時代人である年代記作家ディーノ・コンパーニは「空気は爽やか、住人たちの風俗は良好、女性は美しく、着飾りも良く、家屋はことに美しく・・・」と自国を愛でています。

  • 学校周辺地図
  • フィレンツェについて