プロダクトデザイン科

Courses

  • マスターコース
  • ワンイヤーコース
  • ベーシックコース
  • 短期アートコース
 

マスターコース

カリキュラム
  • Click here to see detail / Close
    • プロダクトデザインコース
      Advanced Theory of Product Design
      Advanced Design Studio
      Advanced Design Methods
      Advanced Materials and Processes
      Professional Practices
      Developing Successful Portfolio
      Diploma Project

      *カリキュラムは予告なく変更することがあります。
コース日程
    [通 期]
    • 2018年4月30日 - 2018年12月14日
    (※ 7/28 - 9/2 は夏休み)
    • 2018年9月3日 - 2019年4月26日
    (※ 2018/12/15 - 2019/1/13 は冬休み)
    • 2019年1月14日 - 2019年7月26日
    • 2019年4月29日 - 2019年12月13日
    (※ 7/27 - 9/1 は夏休み)
    • 2019年9月2日 - 2020年4月24日
    (※ 2019/12/13 - 2020/1/12 は冬休み)

    [半 期(セメスター)]
    • 2018年4月30日 - 2018年7月27日
    • 2018年9月3日 - 2018年12月14日
    • 2019年1月14日 - 2019年4月26日
    • 2019年4月29日 - 2019年7月26日
    • 2019年9月2日 - 2019年12月13日
    • 2020年1月13日 - 2020年4月24日
受講言語
イタリア語(英語、日本語またはスペイン語通訳)
*別の言語を希望する場合はお問い合わせ下さい
備考
プロダクトデザインのマスターコースは脱工業化デザインのための大学院レベルの研究室です。学生と教授は行動的、素材的、技術的、自然的展望が移行していく新しい社会状況に沿ったデザイン方法を積極的に探求します。我々は、多くの専門分野、共同作業、そしてチームで行うデザイン演習の新しいモデルを構築することに重点を置いています。リサーチや概念化、情報や適切な形式を重視するプロセスを重要視しています。プログラムは1年間です。スタジオ、手法、セミナーを含むカリキュラムはスタジオプロジェクトを基本としてまとめられています。プロジェクトは、新都市産業の発展からハードやソフトデザインの独立出版レーベルを生むまでを行います。リサーチ提言や将来研究、ケーススタディにより、我々はデザイン教育のために新しく、活発な役割を推進します。デザインは専門的な共同作業なので、多くのスタジオプロジェクトはチームで行われます。最終学期では、学生は自分の研究分野を進行し発展させるために学内外の教授やプロのグループと共に独立して研究行い卒業制作に専念します。プログラムと同じように、教授はデザイン実習の幅広いアプローチを行います。これは学生が建築、グラフィックデザイン、文化人類学、心理学、産業、システムあるいは環境デザインの分野に至るまで、現代のプロとしてのデザイン実習に関われることになります。工業デザインコースでは、デザインプロセスにおいて共通の哲学と方針を持っている特別な教授陣をおいています。
 

ワンイヤーコース

カリキュラム
  • Click here to see detail / Close
    • プロダクトデザイン科
      Art History
      Color Theory
      Three Dimentional Design
      Foundation Drawing and Painting
      Introduction to Art
      Materials and Processes
      Design Technology
      Theory of Product Design
      Human Factors in Product Design
      Product Design Studios
      Product Practicum
      Professional Practices
      Portfolio Seminar

      *カリキュラムは予告なく変更することがあります。
コース日程
    [通 期]
    • 2018年4月30日 - 2018年12月14日
    (※ 7/28 - 9/2 は夏休み)
    • 2018年9月3日 - 2019年4月26日
    (※ 2018/12/15 - 2019/1/13 は冬休み)
    • 2019年1月14日 - 2019年7月26日
    • 2019年4月29日 - 2019年12月13日
    (※ 7/27 - 9/1 は夏休み)
    • 2019年9月2日 - 2020年4月24日
    (※ 2019/12/13 - 2020/1/12 は冬休み)

    [半 期(セメスター)]
    • 2018年4月30日 - 2018年7月27日
    • 2018年9月3日 - 2018年12月14日
    • 2019年1月14日 - 2019年4月26日
    • 2019年4月29日 - 2019年7月26日
    • 2019年9月2日 - 2019年12月13日
    • 2020年1月13日 - 2020年4月24日
受講言語
イタリア語(英語、日本語またはスペイン語通訳)
*別の言語を希望する場合はお問い合わせ下さい
備考
工業デザイナーは現代の要求を理解し社会的に将来必要なものを予測しながら幅広い範囲でデザイン的な解決をします。これらのデザインは素材と技術の効果的な使用を盛り込み、生産制約を考慮し、現代の問題に対して明確な優位点を備えていなければなりません。プロフェッショナル認定を得られる1年間のプロダクトデザインプログラムは理論と実践を組み合わせ、プロセスを重視し、社会と環境に対する責任に着目するコースです。プログラムはデザイン理論と実践、人文科学、物理学、自然科学、行動科学及び社会科学の授業で構成されています。カリキュラムは技術的、美的、人間的側面のバランスを維持し、デザイン分野の発展を予測することによって最先端のデザインテクノロジーに対応しています。このプログラムでは学生は実際のデザイン問題に対処するよう企業との共同プロジェクトに参加します。学生は講義プログラムを計画し、デザインオフィスへの見学研修など、活動的な側面もあります。
 

ベーシックコース (2年)

カリキュラム
  • Click here to see detail / Close
    • プロダクトデザイン科
      Art History I
      Art History II
      Color Theory I
      Foundation Drawing and Painting I
      Introduction to Art I
      Art History III
      Color Theory II
      Foundation Drawing and Painting II
      Introduction to Art II
      Drawing
      2D/3D Design
      History of Product Design
      Technical Graphics
      Principles of Product Design
      Principles of Product Form
      Product Technics
      Product Humanics
      Materials and Processes
      Human Factors for Designers
      Product Development
      Product Systems
      Design Graphics
      Environmental Practicum
      Product Practicum
      Professional Practices
      Developing Succesful Portfolio
      Diploma project

      *カリキュラムは予告なく変更することがあります。
コース日程
    [2年制]
    • 2018年9月3日 - 2019年12月13日
    • 2019年1月14日 - 2020年4月24日
    • 2019年9月2日 - 2020年12月18日
受講言語
イタリア語のみ
備考
プロダクトデザインコースは規定、実用性、芸術性、そして適合性を、グローバル化した現代社会の製品、内容そして行程にもたらすための専門教育を行います。このプログラムは、情報、家具、設備、インターフェースのデザインを統合した商品デザインを行う学生のために行われます。また人的要因調査、コンピューターによるデザイン、プロダクトの開発、生産、ビジネス、テクノロジーの人間主義的な使用に関係するその他多数の問題を解決します。デザインの実際問題を解決しながら、創造的な問題解決、技術革新、効果的情報の補足としてグラフィックや彫刻、空間デザインの技術向上を行います。初めの授業で、CADや模型制作を含む、基礎的なデザイン、情報、共同開発のプロセスを学習し、その後、学生は、多くが産業界からスタジオにもたらされる機能的なデザインの問題に対する理論、技術、知識を発展・応用します。デザイナー訪問において、スタジオや講義に現代のデザインや製作、そしてプロの実践をもたらし、産業界を訪れることで、デザインや製作過程を直接観察し知識を得る機会となります。技術や経験を基盤とし、最終学期での重要事項は個々の学生による総合デザインプロセスの集大成である卒業制作となります。最終学期では、講義の中心はキャリアプランニング、ポートフォリオの準備、情報収集能力の発展へと移行し、学生がプロとなるためにビジネスコミュニケーションスキルを向上させます。
 

短期アートコース

コース日程
    1週間 ~ 4週間:毎週開校
    8週間
    [2018年] 3/11, 4/8, 5/6, 6/3, 7/1, 9/2, 9/30, 10/14
    12週間
    [2018年] 3/11, 4/8, 5/6, 6/3, 7/1, 9/2

受講言語
イタリア語、(英語、またはスペイン語通訳)

*以下の言語の通訳を付けることが可能です。
アドミッションオフィスにお問い合わせください。
日本語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語
(日本語通訳を付ける場合は東京オフィスにお問い合わせください。)
備考
イタリアではグッドデザインを形づくる上でのクリエイティビティは同一であるという考え方により、建築家がプロダクトデザインを兼ねるなど、境目が無いと言えます。このコースでは、技術や形状の概念、機能、リデザイン、用途などを幅広く学習します。具体的なテーマを探し、現存する製品からその機能や芸上、構造を分析した上でアイデアを具現化・発展化・修正化する実践的な方法を身につけます。また、各種調査やコンピューターによるデザイン、プロダクト開発、生産など、社会やビジネスとも大きな関わりを持つ研究課題も用意されています。授業ではCADや模型制作を含む基礎的なデザイン技術、開発のプロセスに関する理論、知識、技術を学びます。工業デザインに従事するデザイナーを訪問して実際の製作工程と直接ふれあう機会もあります。個人のレベル、希望、期間に合わせ、家具のデザイン、様々なプロダクト製品のデザインなど、実際のイタリアデザインを学んでいきます。
  • マスターコース
  • ワンイヤーコース
  • ベーシックコース
  • 短期アートコース

Blog

2014年1月24日 フラワーアレンジメント3回目

フラワーアレンジメントは全く初めての学生さん。創業1957年のSilvanoさんのお店で、この道30年のClaudia先…

Read more

建築デザイン 10月23日

先週から引き続き、各自決めたテーマをまずは平面でデザインします。個人差があるため、まだ平面でのデザインを完成させる作業の…

Read more

家具製造 12月4日

家具の製造と修復を教えている、Pippi先生の工房へお邪魔しました。 Pippi 先生はご実家が家具の製造と販売を行っ…

Read more

ファッションデザイン 10月22日

レッスン2週間目の今日はインターネットで閲覧可能なファッショッン関係のサイトを利用して上・下の組み合わせ、服とアクセサリ…

Read more


See all posts of this course.

Gallery

TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy


イタリア留学 スカイプカウンセリング

Call us!(日本語OK!)

Call me!-Accademia Riaci Skype Chat-Accademia Riaci Skype

» Get Skype! (FREE CALL)


Competition2018
Competition Winners

    Skype

    You can contact us via Skype Call me!-Accademia Riaci
    » Get Skype! (FREE CALL)

    Search

    eduitalia

    Student Gallery