学校紹介

  • アカデミアリアチについて
  • 卒業後の進路
  • お問い合わせ / アクセス

アカデミアリアチについて

“私は、学生にいつもこう言うんです。
私たち一人一人にそれぞれ見合った形で、小さな芸術の魔術が潜んでいて、辛抱強く、気づかれるのを待っているのだと。
教師の仕事とは彼らの魔術を呼び起こすことであり、常に芸術と才能の探求をし、学生に学ぶ楽しさを教えることです。よって教師は、技術を教えるだけでなく、想像力とファンタジーを育て、本当の芸術と才能の探求のための教養を与えてあげることが大切なのです。”

アカデミアリアチ名誉学長
レイモンド・リアチ


学校の歴史

マエストロ制度に代表されるまさに芸術の粋と言われる伝統工芸は、イタリアではトスカーナ州、特にフィレンツェに受け継がれ、ルネサンス時代に繁栄を極めます。当時のフィレンツェは芸術と手工芸の街であり、職人の工房は生産活動の原動力でした。この時代は、職人にとっては、商人と共に富を築いた輝かしい時代でもありました。

金細工を初めとする様々な分野の工房では、数々の洗礼堂用の芸術工芸作品が作られ、ある工房ではベンベヌート・チエッリーニのような人物が、大理石から人物像を作る方法を弟子達に教えていました。弟子に慕われたマエストロによるこの古い受注の手仕事は、何世紀を経て今は“芸術”として残されています。

このように豊かで特別な貴金属細工、彫刻そして絵画などの職人芸術の伝統は、幸運なことに何世紀にもわたって、ここフィレンツェ、そしてトスカーナ州全体に生命力を持って受け継がれてきました。

レイモンド・リアチが1983年に彼の名前を冠する工房をフィレンツェに開いた方針は、技術を教えるだけの学校ではなく、マエストロの使命を果たすべく、ルネサンス時代の生き生きとした雰囲気をもつ学校を作ることでした。このようにして誕生した本校は、伝統技術と芸術の宝庫であり、その教えの中には他の学校には知られていない技術が秘められています。また学生一人一人の想像力とファンタジーを育て、本当の芸術と才能の探究のための教養の積み重ねを行います。

小さな工房から出発した アカデミア・リアチは、今では一人のマエストロだけではなく、すばらしい教授陣と共に設立者の目指した伝統と雰囲気の中で運営され、現在までに芸術とデザイン、工芸、そして現在は料理芸術などを勉強する世界中の学生を魅了してきました。

教育理念

アカデミアリアチの理念はベーシックとマスターレベルでの深みのある、真剣な取り組みの場である集中型のスタジオアートプログラムを提供することです。また、教養分野を受講することにより、スタジオでの学習が補完されます。我々は、アーティストの形成にとってスタジオや教養分野の双方の学習が不可欠であると考えます。

アカデミアリアチの目的は、アーティストを目指している者にとって、全ての分野で最も高いレベルの指導を確保し、想像的に知的で審美的機会を得られるよう最前の機会を提供し、海外学習の経験を作ることです。

アカデミアリアチは、現代アートの学習において他文化やその歴史的背景の重要な貢献を明らかにする明確で完成された教育は、きわめて重要であると確信しています。

それ故に、アカデミアリアチは十分な幅と奥行きを持つ優れかつバランスが取れたカリキュラムを持っています。そして多様な知識と技術を習得するアートの学習にふさわしい教師陣が顔を揃えております。そして全ての学習の可能性を理解させるのに最も適した心構えと哲学を持つ熱心なスタッフと運営者がいるのです。

他文化や国際交流への理解はアカデミアリアチの基本理念 です。アカデミアリアチは、方法や人材を供給することによって、学生に海外留学の経験を最大限に活用できるように助力します。

教育基本理念

本校の教育は、技術や様式の習得にとどまらず、学生の芸術的感性を伸ばすことを最大の目的とし、今日の社会へ還元する事を基本理念としております。

教育方針
本校は、各分野において最も優れた教師陣を登用し、東洋と古典文化を尊重し、学生にクリエイティビティーと技術の勉強をさせるということを教育方針としております。

古典技術から最先端技術まで
本校では、アカデミアという名称のもとに多くの芸術、伝統工芸をも勉強することができます。実習で何時間も何時間もかけて、伝統的な古典技術から最先端の技術やデザインを学びます。料理芸術の分野においても同じです。学生一人一人の想像力を養成し、ファンタジーという芸術家としての一番重要な要素を最も大切にし、教授陣から着想を得て、できる限り各自の個性を引き出します。

少人数制
芸術やデザイン、料理芸術の勉強に最も重要なのは個人や個性です。したがって本校では、各学生が本来備えている芸術的個性をいかに引き出すかに最も重点をおいたレッスンを行っております。それは20名、30名といった多人数のレッスンでは決してできるものではありません。よって本校のレッスンはいずれのコースも極少人数制をとっております。極少人数制にすることにより、教師と学生の1対1の対話を中心とするレッスンが実現し、技術習得の早さ、学生レベルの高さの両方で素晴らしい成果をあげています。このチェリーニの工房的な学校のあり方による成功は卒業生のレベルの高さよって証明され、各業界から絶賛されております。

入学時のレベル
本校では、教師と各々の学生との1対1の対話を中心に、マンツーマン形式のレッスンを実現しています。授業は学生各々のレベルと個性に合わせて進められるので、初心者の方でも、またプロとしての経験の長い方においても、あらゆるレベルのコースが充実しています。

試験について
授業の80%以上出席をしなかった学生は最終試験を受験することが出来ません。最終試験は各コースの終了時に執り行われます。
修了証
ベーシックコース、ワンイヤーコース、アトリエコース、マスターコースの各コースで最終試験に合格した学生には本校のディプロマが授与されます。

卒業後の進路

学校はいつも活気があり、学業終了後の仕事の可能性は多岐に渡ります。昨今職人やアーティスト、マエストロの消滅が懸念されているにもかかわらず、本校の学生は、在学中よりフィレンツェ市内のアトリエやショップでの委託販売や企業内での実践的研修をしており、卒業してからすぐに自分のオリジナル作品を製作するための工房やアトリエを開いております。料理芸術科ではレストランを開く卒業生も少なくありません。また専門分野の企業に就職して活躍している卒業生も多く、各コースとも卒業生をさまざまな企業に輩出しております。このため学生は仕事を見つけるのも難しくはありません。それは独立して自分の工房やアトリエ、レストランを持つ者にも、またトスカーナもしくは世界中のあらゆる大小企業のもとで働く者にも、両者に言えることです。

お問い合わせ / アクセス

Accademia Riaci
Via De’ Conti 4, 50123 Firenze, Italia
TEL: +39-055289831 
FAX: +39-055212791
accademiariaci@accademiariaci.info


アカデミアリアチ東京オフィス

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20-702
TEL: +81-3-5449-1441 / +81-3-5449-8200
FAX: +81-3-5449-1444
ladovina@ladovina.net


View Accademiariaci in a larger map
  • アカデミアリアチについて
  • 卒業後の進路
  • お問い合わせ / アクセス