NEWS and Blog

2013年12月02日 | Posted in グラフィックデザイン科, ジュエリー科, ファッションデザイン科, ブログ | Tags:
ジュエリーデザイン 11月20日(17回目)

ジュエリーデザインコースは、1回3時間、週に3回行われます。
ジュエリー制作科の学生さんも、オプションでジュエリーデザインのレッスンを追加することで、ジュエリーに対する理解をより広げる大切な要素となります。

まず最初に学ぶのは、鉛筆描きの2Dデザインです。
浮かんだイメージをできるだけ沢山スケッチしておき、その中から選んで2Dのデザインを制作します。
平面図ですが、正確なサイズも設定します。(ortogonali con le misure)
2Dが描けたら、今度は3Dのデッサンに入ります。

Annalisa先生がまだ学生の頃「4cmの円を定規なしで正確に描けるようになる」という宿題が出たそうです。Annalisa先生は1週間、毎日毎日4cmの円を描く練習をしました。そして正確な4cmの円が描けるようになった時には、500枚入りの紙が殆どなくなっていたそうです。これは手首を滑らかに動かし、速く正確な円が描けるようになるための特訓だったんですね。

JEWELRY DESIGN lesson

描きためたスケッチの数々。この学生さんは想像力豊かで、毎回沢山のスケッチを持ってきます。


JEWELRY DESIGN lesson

左が2D、右が3Dのデザイン。2D、3Dのデザインは実際に製品が作られる設計図(disegni tecnici)の役割をするので、細かい指示が書き込まれていきます。


3Dのデザインが描けるようになったら、次に色付けしていきます。
3Dの設計図とは別に、色付け用として大きめに描いたものをコピーして練習します。
色付けには、色鉛筆かペンを使いますが、特に決まりがある訳でありません。これはレッスンなので、色鉛筆とペンの両方を学んだ後、自分の得意とする着色法を使っていけばいい訳です。

今日はペンで色づけする練習です。
Annalisa先生がまず説明しながら見本を見せてくれます。
ペンの場合、手を休める(止める)と、そこで滲んでしまうので、速さと正確さが重要です。速く正確に塗れるようになるには、沢山の練習が必要です。
ペンは太いペン先と細いペン先をうまく使い分けましょう。

JEWELRY DESIGN lesson

見本を見せるAnnalisa先生。ペンは手を止めると滲んでしまうので、スピード感が重要。


JEWELRY DESIGN lesson

仕上げに白いペンで、金や宝石の輝きを表現します。白を上手く使うことも重要なポイントです。


JEWELRY DESIGN lesson

ペンで着色したデザイン。


JEWELRY DESIGN lesson

色鉛筆で着色したデザイン。ペンとは質感が異なりますね。


JEWELRY DESIGN lesson

ベースの金の色として使う黄色を、複数の黄色の中から選択。


JEWELRY DESIGN lesson

まずは金の部分を塗っていきます。


JEWELRY DESIGN lesson

学生さんの希望で、金と木を組み込むと想定したので、木の部分は茶色で塗ります。


JEWELRY DESIGN lesson

陰になる部分や側面になる部分は黒の細いペンで表現します。


JEWELRY DESIGN lesson

メインの宝石に選んだ珊瑚には、白いペンでグラデーションや光り具合を表現します。必要であれば定規を使います。


JEWELRY DESIGN lesson

出来ました!ちゃんと署名もいれました。

 

イタリアで学ぶアート、デザイン留学 アカデミアリアチ

 

TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
Click here
Via de' Conti 4 - 50123
Florence Italy
イタリア留学 スカイプカウンセリング

Call us!(日本語OK!)

Call me!-Accademia Riaci Skype: Chat-Accademia Riaci Skype:

» Get Skype! (FREE CALL)




コンペティション2017