絵画修復科

Courses

  • マスターコース
  • ワンイヤーコース
  • 短期アートコース
  • 短期サマーコース
 

マスターコース

コース日程
    [通 期]
    • 2020年1月13日 - 2020年7月24日
    • 2020年4月27日 - 2020年12月18日
    (※ 7/25 - 9/6 は夏休み)
    • 2020年9月7日 - 2021年4月23日
    (※ 2020/12/19 - 2021/1/10 は冬休み)
    • 2021年1月11日 - 2021年7月23日

    [半 期(セメスター)]
    • 2020年1月13日 - 2020年4月24日
    • 2020年4月27日 - 2020年7月24日
    • 2020年9月7日 - 2020年12月18日
    • 2021年1月11日 - 2021年4月23日
    • 2021年4月26日 - 2021年7月23日
    • 2021年9月6日 - 2021年12月17日
受講言語
イタリア語(英語、日本語またはスペイン語通訳)
*別の言語を希望する場合はお問い合わせ下さい
備考
レクチャー、スタジオ、ラボを通して、アカデミアリアチのマスタープログラムの学生は、以下の事柄を学びます:伝統的・現代的素材や制作技術の識別。自然条件での評価と資料の収集及び美術品の劣化の性質とその程度。保存、展示、輸送期間中の美術品の損害を妨げる方法。美術品の保護に用いられる多様な技術や素材。保存処理の方法は物質的、審美的、実際的な要素によって決定します。保護や保存の問題に対しての物質的・化学的原理の応用と科学的方法。このコースでは絵画、紙、物質の専門分野と民族学的・考古学的資料に含まれる様々な副専門分野についても学生は学びます。学生は、修復の問題を解決するために全ての修復技術と修復素材を組み込むよう学習します。そして最も優れた教育は、学生が修復作業において幅広い範囲の問題に晒され、適切な素材や方法を選択し使用した時に分かると考えています。それ故に、学生によって個々の処理を行い、また、適切な保管、陳列、梱包や配送を含めて完成する事が必要となります。教授陣は、国内・国際的な認知されている修復士や修復教育を広く経験している修復専門家です。
 

ワンイヤーコース

コース日程
    [通 期]
    • 2020年1月13日 - 2020年7月24日
    • 2020年4月27日 - 2020年12月18日
    (※ 7/25 - 9/6 は夏休み)
    • 2020年9月7日 - 2021年4月23日
    (※ 2020/12/19 - 2021/1/10 は冬休み)
    • 2021年1月11日 - 2021年7月23日

    [半 期(セメスター)]
    • 2020年1月13日 - 2020年4月24日
    • 2020年4月27日 - 2020年7月24日
    • 2020年9月7日 - 2020年12月18日
    • 2021年1月11日 - 2021年4月23日
    • 2021年4月26日 - 2021年7月23日
    • 2021年9月6日 - 2021年12月17日
受講言語
イタリア語(英語、日本語またはスペイン語通訳)
*別の言語を希望する場合はお問い合わせ下さい
備考
絵画修復プログラムは、学生が、芸術的・歴史的・その他の文化的重要な芸術品の修復士として働くために必要な教育や訓練を得られるよう構成されています。アカデミアリアチの教育プログラムは、キャリアを通して継続的に専門性の成長や発展を行えるよう学生に指導し、また、修復専門の継続的進化に貢献する将来性ある鑑賞眼を養います。このプログラムは、修復を必要とする工芸品の審美的・文化的意義の理解と敬意の重要性、工芸品の製造・修復に関わる素材を識別する科学的・技術的方法、美術品や修復素材の劣化の特性、形態、メカニズムの理解、修復文書に関わる手順やテクニック、修復特性や類似分野の違いにおいて学生の想像的学習を育てる総合的な学問的意義を重視します。学生は、気候学、民族的・考古学的工芸品の問題などの修復分野のリサーチプロジェクト、ラボワーク、セミナーを受けます、また、フィールドワークを通して集中的に修復経験を得ることができます。
 

短期アートコース

コース日程
    1週間 ~ 4週間:毎週開校
    8週間
    [2019年] 9/30 [2020年] 1/13, 2/10, 3/9, 4/6, 5/4, 6/1, 6/29, 9/7, 10/5
    12週間
    [2020年] 1/13, 2/10, 3/9, 4/6, 5/4, 6/1, 6/29, 9/7

受講言語
イタリア語、(英語、またはスペイン語通訳)

*以下の言語の通訳を付けることが可能です。
アドミッションオフィスにお問い合わせください。
日本語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語
(日本語通訳を付ける場合は東京オフィスにお問い合わせください。)
備考
歴史的遺産の修復と保存等、様々なテクニック。 伝統的な技術から最新のテクノロジーまでの習得。15世紀の本物の絵画の修復をします。
 

短期サマーコース

コース日程
    2020年 コース期間
    (※夏休みのため、2020年8月8日 - 16日の間、校舎は閉まります。)
    2週間 :
    5月3日(日)- 5月16日(土)
    5月17日(日)- 5月30日(土)
    5月31日(日)- 6月13日(土)
    6月14日(日)- 6月27日(土)
    6月28日(日)- 7月11日(土)
    7月12日(日)- 7月25日(土)
    7月26日(日)- 8月8日(土)
    8月23日(日)- 9月5日(土)★
    9月6日(日)- 9月19日(土)
    9月20日(日)- 10月3日(土)

    4週間 :
    5月3日(日)- 5月30日(土)
    5月17日(日)- 6月13日(土)
    5月31日(日)- 6月27日(土)
    6月14日(日)- 7月11日(土)
    6月28日(日)- 7月25日(土)
    7月12日(日)- 8月8日(土)
    7月26日(日)- 9月5日(土)★
    9月6日(日)- 10月3日(土)

    6週間 :
    5月3日(日)- 6月13日(土)
    5月17日(日)- 6月27日(土)
    5月31日(日)- 7月11日(土)
    6月14日(日)- 7月25日(土)
    6月28日(日)- 8月8日(土)
    7月26日(日)- 9月19日(土)★

    8週間 :
    5月3日(日)- 6月27日(土)
    5月17日(日)- 7月11日(土)
    5月31日(日)- 7月25日(土)
    6月14日(日)- 8月8日(土)
    6月28日(日)- 9月5日(土)★
    7月26日(日)- 10月3日(土)★

    12週間 :
    5月3日(日)- 7月25日(土)
    5月31日(日)- 9月5日(土)★

    ★ コースの専攻は、絵画、ジュエリーメイキング、美術史、
    エンジョイイタリー、イタリア語、英語、家庭料理、
    家庭料理・ドルチェ、ジェラート、バリスタのみです。
受講言語
イタリア語、(英語、またはスペイン語通訳)

*以下の言語の通訳を付けることが可能です。
アドミッションオフィスにお問い合わせください。
日本語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語
(日本語通訳を付ける場合は東京オフィスにお問い合わせください。)
備考
歴史的遺産の修復と保存等、様々なテクニック。 伝統的な技術から最新のテクノロジーまでの習得。15世紀の本物の絵画の修復をします。
  • マスターコース
  • ワンイヤーコース
  • 短期アートコース
  • 短期サマーコース

Blog

2014年 2月3日 絵画

絵画の教室を覗くと、実際のモデルさんを使って人物画のレッスンをしていました。人物画の方が難易度が高いので、学生さん達も集…

Read more

絵画 10月23日(3回目)

まずは基本であるデッサンの練習です。 先生のデザインを描き写したり、写真や印刷物(平面)から書き写したりする練習、そし…

Read more

絵画修復:Doratura 11 月14 日(2 回目)

一人の学生さんは2 ヶ月コースと短めなので、前回のレッスンで下地の準備まで終わっており、もう一人の学生さんはコース内容が…

Read more

絵画と修復の博覧会@フィレンツェ

Ciao a tutti! 秋もだいぶ深まり、急に寒い日々が続いてきましたね。 風邪をひきやすい時期ですので、充分ご…

Read more


See all posts of this course.

Gallery

説明会予約
お問合せ
TEL +39 055-289831
FAX +39 055-212791
E-mail
Via dei Conti 4
50123 Firenze ITALIA

イタリア語Plusコース
学生レポーター奨学生募集 Competition2020 Competition2019
    eduitalia

    Riaci Gallery

    activities of graduates
    francis waplinger